手帳と私の生活ブログⅡ

手帳・文具・子供教育についてのいろいろ

モチベーション3.0 ダニエルピンク

   

モチベーション3.0という本がすごく刺激的です!

モチベーション3.0というダニエルピンク著の本を年末から読んでいます。

内容は過去のモチベーションの歴史やこれからどうやってモチベーションを上げていくか(というか、活用していくか)という内容の本になります。

本の中で、モチベーション1.0というのは「生きるためのモチベーション」でした。
猟で動物や魚を捕まえて、自分たちが生きるために(食べるために)活動する・・・というもの。
(本の中ではこのモチベーションをOSと言っている)

 

モチベーション2.0は産業革命時代に行われた「アメとムチ」の手法
頑張れば給料を上げ、サボれば罰を与える。
結果を出せばOKだが、結果が出なければそこで切ってしまう。

このモチベーション2.0は長い間使われてきた手法で、ある程度上手くいったが、現在は通用しなくなってきている。

そこで、新しいOSが必要になる。
それがモチベーション3.0というものだ・・・

というふか~~いお話なのです。

 

色んな例えを交えて説明されていますが、特に面白かったのが「ウィキペディアの話」

ウィキペディアがこれほどまでに栄えるとは誰が予想したか。
しかもウィキペディアに投稿している人は無償である。
それなのに、ウィキペディアに投稿するインセンティブとなるものは何なのか?

ウィキペディアが作られた同じ時期に、マイクロソフトがネット上の百科事典を作ろうとしていた。
実際にモチベーション2.0の手法で百科事典は作成されていたが、現在はその辞典は作成されなくなった。

人間のモチベーションをどうコントロールすれば良いのか、という内容がギッシリと書かれています。

面白いけど難しい。。。

ただ、このダニエル・ピンクという人は、本当に文章が上手い!
表現がうまいのを感じます。

色んな意味で読んで損のない1冊です。

モチベーション3.0
モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか (講談社+α文庫)

 

rakuten600

 -