子育て・子供教育

頭のいい子を育てるおはなし

頭のいい子を育てる日本(世界)のおはなしという本

最近妻が息子と本屋に行って買ってきた本です。

頭のいい子を育てるお話

「頭のいい子を育てる日本のおはなし」というタイトルの本で、これには大型版と小型版があります。
大型版は「頭のいい子を育てるおはなし366」という本なのですが、

  • 大きくて重いので、息子が一人で読むには不便
  • 持ち運びにも不便

ということで、この小型版にしたそうです。

内容は誰もが知っている(であろう)昔話が書いてあります。
基本的に見開き1ページで話は完結します。

子供用の本ですが、親が読んでも面白いです。

「何となく知っているけど」という話があるので、そこが頭のなかで整理されます。
それに、「見開き1ページによく一話をおさめたな・・・」と感心しながら読むことができます(笑)

吾輩は猫である・・・まで見開き1ページ(2ページ)に収められています!

 

我が家は日本の話と世界の話の2冊買ったのですが、
どちらも知っておいた方がよい物語ばかり入っているので、オススメです。

挿絵がありますが、絵は少ないので、絵本を卒業しかけた頃に渡すのが適切だと思います。
字を読みながら想像力を働かせるきっかけを作ることができます。

頭のいい子を育てるお話

この絵本を見ながら、本というのは子供の読解力や想像力、字を読む速さを鍛えられるツールだな・・・と思いました。

最近はゲームばかりの子供が多いと聞きます。
テレビやゲームからは得られないものが本にはたくさん詰まっています。

価格も安く、たくさんの話が入っているのでオススメです!

 

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-子育て・子供教育,

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.