手帳と私の生活ブログⅡ

手帳・文具・子供教育についてのいろいろ

私のフランクリン・プランナーとの出会い01

   

2016年もフランクリン・プランナーを使っています。

フランクリン・プランナー

実は私はフランクリン・プランナーを使い始めて今年で8年目になります。
以前のブログでも書いていましたが、今日は私のフランクリン・プランナー歴(というか、手帳歴)を書いてみようと思います。

手帳を全く使えなかった20代

私は20代の頃、手帳を全く使えませんでした。
予定は頭の中で済ましていましたし、「手で書く」というのが面倒でした。

若い時は、覚えておくことといえば、自分の直近の勤務と課題の提出日くらいでした。
休みの日はダラダラと過ごし、周りの予定に合わせて(声がかかれば遊びに行く)ような生活をしていました。

天気が良ければ4時間位かけて車を洗い、DVDをかりて家で3本くらい立て続けに見るような生活でした。

全く自分で「プラン」なんて立てたことがなく、その場の流れに流されて生きていた感じです。

ストレスは少なかったように思います。
あまり考えることもしないし、「何とかなるさ」と過ごしていたからです。

ただ、提出レポートなどはいつもギリギリ・・・(汗)
学生の一夜漬け状態に近い生活でした。

遅刻はしませんでしたが、何をやればよいのか迷っていた時期でもありました。
このまま何となく年をとって結婚して過ごすんだろうな・・・と気楽に考えていました。

今考えると「薄っぺらい人生を送っていたな」と反省しています。

その頃に使っていた手帳は「月間カレンダーだけが付いたもの」や「できるだけ小さいもの」でした。
書くのが面倒だと感じていましたが、どこかでスケジュール管理をしたいと思っていたようです。
とはいえ、思い立って書いても続きませんでした。

1月に購入した薄っぺらな手帳はたった3行しか埋まっていない・・・そんな事もありました。
(今では信じられない)

30代に出会ったフランクリン・プランナー

30代になって20代にサボっていたツケが来ました。

年をとっている割に何も知らない・・・説得力がない。
発言や行動に中身がないのは自分自身が良くわかっていました。

自分のことだけしかやってこなかったので当然です。

成長を感じることができず、何となく自分自身を言い聞かせて、元気の出る音楽を聞いて妄想を膨らまし、「いつか・・・」という夢ばかり持って何も行動せず・・・他人の批判ばかりしていました。

他人を否定する事で、自分自身を保とうとしていたのかもしれません。
そんな中身の薄い人生に焦りを感じていました。

ちょうど20代後半に結婚したので、夫として、この先に訪れるであろう親として、全く自信を持てずに過ごしていました。

そして、何となく「お金持ちになれたらいいな」と思いながら過ごし、時々宝くじに手を出して妄想ばかりしていました。

そんなある日、妻と出かけている時に出会ったのがフランクリン・プランナーでした。

 

人生は手帳で変わる

この一言は驚きましたし、自分自身「ビビッと」来ました。

今でもこのフレーズが入ると背筋が伸びる気がします。

そこで流れていたビデオは、私の心を見透かしたような内容のビデオでした。
タイムマネジメントという概念が紹介され、時間のことについて説明されていたと思います。

手帳を使った成功事例がたくさん紹介され、冷静に見れば「手帳を使うだけで人生が変わるわけないでしょ?」と疑いたくなるような内容でした。

信じられない気持ちと、現実を突きつけられたようで嫌な気持ちでしたが、同時に「これだ」という感覚がありました。

その時のフランクリン・プランナーのスターターキットが11000円だったと思います。

手帳に500円程度しか使ったことのない人間にとって、信じられない値段です。
「こんなの買う人、バカじゃない?」
「高級な手帳を持つことでステータスを誇示して、洗脳されているんだよ。」

と思う一方、
「こんな手帳ってデキる人みたいでカッコいいな」と不純な気持ちも生まれていました。

 

結局買ってしまったフランクリン・プランナー

自宅に帰ってもフランクリン・プランナーの事が頭から離れず、「1万円で人生が変わるなら安いかな。」と思いだしました。

人間というのは不思議なものです。
「欲しい」と思ったら、その良い部分ばかり見るものです。

そして、その妄想は頭のなかでドンドン広がり、「僕も手帳で人生を変えよう」と思うようになりました。

妻に相談して、フランクリン・プランナーのスターターキットを購入しました。
多分、文具を買うのに相談したのは初めてだったと思います。

 

初めてのフランクリン・プランナーの感想は・・・

いや・・・想像以上に大きくてびっくりしました。

あれは弁当箱ですよ(笑)

後から情報を集めたのですが、大きくて挫折する人が多いみたいですね。
その気持ち、わかります。

高いし、大きいし、重いし・・・普段の生活ではちょっとした「お荷物」になります。

小さなバッグに入れると、手帳だけで埋まります。
普通の人なら考えられないと思います。

ただ、思ったより嫌な気持ちではありませんでした。

初めて使う違和感と同時に「元をとってやる」という気持ちがあったのでしょうね。
フランクリン・プランナーの価値観やミッションステートメントのツールに従いながら自分の価値観探しを行いました。

 

欲のない自分?

ミッションステートメントを作りながら感じたことがあります。

私は「こうなりたい」「あんな事がしたい」という欲が少ないのかもしれません。
というか、はじめからどこかで諦めて消去していたみたいです。

  • 海外ってカッコいいな。でも英語も話せないしお金もないから無理だな
  • 身体を引き締めてカッコいい身体になりたいな。でも若くないし、面倒だな。
  • マイホームも欲しいし、外車も良いな・・・でもお金がないな。

ほとんどの事を「でも無理だな」と自分自身で打ち消していました。

そして、これは長い間の習慣になっていたようです。
「100年あったら何をしたい?」というリストが埋まらないのです。

自分は何者で、何に貢献できるのか・・・なんて考えられませんでした。
ただ、「できるだけ何もしない人生」を何処かで目指していたようでした。

目標を失っている自分自身を知ることができました。

 

次回に続く。。。

rakuten600

 - フランクリン・プランナー, 手帳