子供用品・おもちゃ 子供関連 子育て・子供教育

小学1年生の本を買いました

小学館の小学一年生は付録満載!

4月から息子が小学一年生になります。
そこで・・・という訳ではありませんが、ちょうど息子が嘔吐症で幼稚園を休んで退屈そうだったので
小学館の「小学1年生」の本を買ってみました。

DSCF5845

4月号は「お祝い号」という事で付録がとても充実していました。
一番の目玉は息子が大好きな「妖怪ウォッチの目覚まし時計」でした。

DSCF5846

「よくこんなに立派な付録を付けられるものだな・・・」と感心しています。

「本が売れない」と言われる時代にこれだけ付録にお金をかけられるのは、王手だからでしょうか。
それとも、意外と付録ってお金がかかっていないのかな?

よくわかりませんが、息子は大喜びで一気に読んでしまいました。

まぁそこまでは良かったのですが・・・

 

目覚まし時計の意外な欠点

この小学一年生に付いていた目覚まし時計・・・
ボタンを押すと「○時、○分だニャン」とジバニャンの声で時間を知らせてくれます。

 

しかし息子は喜んでこれを連打する・・・

何度も「○時、○分だニャン」
「○時、○分だニャン」
「○時、○分だニャン」
「○時、○分だニャン」
「○時、○分だニャン」
「ひゃくれつ肉球~~ニャニャニャニャニャニャ・・・」

「○時、○分だニャン」
「○時、○分だニャン」
「○時、○分だニャン」
「○時、○分だニャン」

横にいる親は結構辛い(汗)

お子さんを持つお父さん、お母さん・・・
小学一年生の本は喜びますが、付録にはご注意下さい。

 

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-子供用品・おもちゃ, 子供関連, 子育て・子供教育

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.