手帳と私の生活ブログⅡ

手帳・文具・子供教育についてのいろいろ

セイハ英語学院の月謝(授業料)

   

息子をセイハ英語学院に入学させました

「入学」という表現が適切かどうかわかりませんが、息子に英会話を習わせる事にしました。

私も妻も英語は話せません。
小学校3年生頃から始まる「英語」の授業ですが、私達夫婦に教える知識はありませんので、小学校に入学したと同時に習わせる事にしました。

「習わせる」というと、ちょっと強制的な感じがしますが、妻が色々と調べてセイハ英語学院に体験レッスン(無料)を受けに行ってきました。

セイハ英語学院は50分1コマの授業なのですが、初めてだったのに楽しかったらしく、息子は「習いたい」とその場で言いましたので、セイハ英語学院の入学を決めました。

実は、セイハ英語学院を見る前も色々と調べました(調べたのは私ではなく、妻が・・・(汗))

不思議なのですが、何故か公式ページには授業料がハッキリと明記されていないのです。

セイハ英語学院だけでなく、他の英語教室も授業料(月謝)が明記されていませんでした。
う~ん・・・業界の中で何かあるのでしょうか?

それとも、授業料が高いから公表できない??

 

セイハ英語学院の月謝(授業料)を公開

IMG_20160405_185154

写真にあるように、セイハ英語学院(小学校低学年)の授業料は月に7800円です。
基本的に「銀行引き落とし」になるのですが、初めの2ヶ月は手続きの都合上、前払いになります。

月謝の他に保険代などで4,000円/年(多分施設利用費などもあると思う・・)

入学金が10,800円(我が家はキャンペーン中で半額の5,400円でした)

教材費(テキストやDVD・カード・バッグなど)で14,709/年 がかかります。

全て合わせて41,277円が初期費用として必要になります。

いきなり4万超え・・・というのはちょっと痛いですが、仕方ありません。

授業は毎週1回のコース。年間に44回と決まっているそうです。

もし、体調不良などでお休みしたら、別の日などで代わりにレッスンが受けられるので、利用者に取っては損をしないよう配慮されています。

我が家の通うセイハ英語学院は2週ごとに「外人+日本人」・「日本人のみ」の授業になるとの事でしたが、日本人の先生も英語が上手(カタコト英語では無い!)ので安心しました。

小学校の先生が教える英語とはケタが違うだろうな・・・と実感してきました。

 

セイハ英語学院の50分の授業を見学してきて感じたこと

セイハ英語学院の回し者ではありませんが、まず英語のレベルがすごい・・・(汗)

初めての息子に対しても基本的に殆ど英語です。

Do you like cake?

Can you swim?

stand up

touch the wall

sit down

など・・・ドンドン英語で話しかけてきます。

息子は初め緊張のあまりキョトン・・・としていましたが、日本人の先生がフォローしてくれたのと、周りの子どもたちの返事を聞いて、最後には「yes」と英語で答えていました。

もともと、初めての事に弱いタイプなので、途中で泣くのではないかとヒヤヒヤしていましたが、最後まで頑張ってくれました。

先生がすごく上手にほめてくれていたので、嬉しかったのだと思います。

私も授業が終わってすぐに「初めてだったのに凄かったね!」「頑張ったね!」と声をかけました。
嬉しかったかどうかはわかりませんが、親が誉めてあげるのが一番効くのだと思います。

 

セイハでは英語を「雰囲気」で教えていきます。

Aは「エイ」とは教えません「ア」です。

Cは「シー」とは教えず「クッ」です。

つまり、「英会話」につなげるような教え方をします。

いや・・・私も一緒に英語を勉強したくなりました(笑)

英会話教室・・・思っていた以上に良かったです。

 

 

 

 

rakuten600

 - 子供関連, 子育て・子供教育, 私の日常