パソコン関連 ポメラ 日常生活

ポメラDM100を手放して感じること

ポメラDM100はやっぱり最高のツールだった?

item02

ポメラDM100を手放して約2ヶ月が過ぎました。

代わりにInspiron 11 3000というDellのパソコンを購入したのですが、
実際に生活してみると「ポメラって凄かったな」と感じています。

軽い媒体にあのスピードは普通のノートパソコンでは成し得ません。

2秒で立ち上がって、すぐに文章が打てる・・・という強みはポメラならではですね。

約400gの重量や20時間もの電池の持ちは安心して持ち運ぶことができます。

 

そして、ウェブにつながらないのも一つのメリットだったと思います。

使っている時は不便に感じていた事もありますが、実際にはメリットの方が大きかったです。

文章に対する集中力が違いました。
パソコンになると何となくネットに時間を取られてしまい、気がつけば時間ばかりが過ぎています。

ポメラはそういう事は一切なく、文章を入力して、終われば閉じる・・・という使い方でした。
外に出ている時も、サッと取り出してタカタカとタイピングを行い、終わると閉じるだけ。

ムダな時間を過ごさせない、本当に素晴らしいツールでした。

 

一度手放したポメラをもう一度買ってみようかな・・・と考えることもありますが、買うのも勿体無いし・・・
ポメラDM100の後継機が出る保証はありませんが、密かに待っている状態です。

バックライトが付いて、SDカード管理ができて、電池の駆動が長い・・・
そう考えると、今のポメラDM100って完成度が高過ぎるかも・・・

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-パソコン関連, ポメラ, 日常生活

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.