手帳と私の生活ブログⅡ

手帳・文具・子供教育についてのいろいろ

息子の入学式に行ってきました

   

息子が無事小学生になりました

先日、息子の入学式に行ってきました。

234
早いものですね・・・あっという間に幼稚園を卒園し、気がつけば小学生。
私も年をとるわけです(笑)

息子の通う小学校の規模は小さく、2クラス。

しかも・・・しかも・・・・・

1クラス19人~20人です!
(1組:20人、2組:19人)

いやぁ~ビックリしました・・・

こんなに少ないとは。

drfer

田舎に住んでいることを実感する瞬間というか・・・(笑)

一年生全員で39人でした。
あと一人少なければ1つのクラスになっていたそうです。
(色々と基準があるんですね・・・)

息子だけでなく、親もドキドキしながら入学式に参加しました。
がしかし、私達夫婦にとってはまさかのドン引きの入学式。

 

入学式でドン引きした訳

何がドン引きしたかって・・・

校長先生のお話(笑)

女性の校長先生だったのですが、突然「演技ですか?」というような話し方で「本日のこの良き日に・・」と始まりました。

普通に喋ってくれればよいのに、セリフを読むような口調・・・

そして最後には教育自慢・・・

陰山式の・・・東京大学と共同して・・・云々・・

 

良いんですよ、勉強はそれなりで・・・(公立だし・・・)

まだまだ日本は学歴社会だし、一人の子供にかける教育費用も増えています。

ただ、それは学校の仕事とは思っていない私たちは、学校では元気に毎日過ごして、友達といっぱい遊んで、頑張ってくれれば良いのに・・・と思いますね。

勉強なら家庭や個人でできますが、学校ではもっと大切なもの(社会性とか)を重要視して時間を使って欲しいですね。

そういう教育が全然無いわけではないでしょうが、限られた時間の中で費やすものの一番が「知識」であってほしくないなと思います。

 

何だか不安な滑り出しでしたが、息子はそれなりに楽しんで行ってくれています。
学校は歩いて10分くらいなのに、朝行くときは心配してしまいます。

親ってこんなものなんでしょうね・・・

友達たくさん作って、集団行動を学んでほしいな・・・と思います。

 

rakuten600

 - 子供関連, 子育て・子供教育, 私の日常