手帳と私の生活ブログⅡ

手帳・文具・子供教育についてのいろいろ

映画「進撃の巨人」は見てはいけない!

   

映画「進撃の巨人」はイマイチ

shingeki

大人気の「進撃の巨人」の映画版をみました。
私は過去にアニメの「進撃の巨人」は見たことがあります。

あの巨人を実写版にできたという事で、しばらく話題にもなっていました。

「進撃の巨人」ファンもたくさんおり、グッズもたくさん販売されていましたよね。
私もアニメを見てから結構ファンでした。(流石にグッズは買いませんが・・・)
ファンでしたが、映画館で見る気にはならず、DVDがレンタル開始になるのを待っていました。

先日、ようやく前編・後編ともレンタルが開始になったので、早速かりてみました。

 

映画の画像やCGの技術は凄かったです。
気持ち悪いくらいリアルで、正直「映画館で見なくてよかったかも」と思えるほどでした(笑)

しかし、映画館で見なくてよかった理由がもう一つあります。

 

進撃の巨人の本当の良さが映画で伝えきれていない

 

正直言って、そう感じました。

進撃の巨人は「巨人」と「人間」の戦い・・という設定の中で、人間の儚さ、酷さ、生きるということ・・・を考えさせられる深いものがありました。

地球上で生きる人間以外の生物から人間を見ると、恐らく「巨人」のようなものでしょう。

必要以上に虫を殺してみたり、食用に育てたり・・・
人間は酷い動物です。

 

それを今度は逆に「巨人」という存在を作ることにより、人間が他の生物にやっているような酷い行為をしらしめる、深いストーリーでした。

「我々は家畜なのか!?」というフレーズもそれを象徴したものでした。

更に、「巨人はどこからやってきたのか?」「そもそも、なぜ巨人は生まれたのか?」という謎もミステリアスで面白かったのです。

しかし、今回の映画ではその要素がほとんど感じられません。

 

リアルな映像技術は素晴らしいのですが、進撃の巨人が持つ深さを表現できていないと思いました。

なので映画を見て、初めて「進撃の巨人」を知った人は「これのどこが面白いの?気持ち悪いだけじゃん」と感じても仕方がないかもしれません。

進撃の巨人を予めアニメで予習していた私でさえ「何だこれ、気持ち悪いだけじゃん」と感じましたから。

その点で非常に残念な映画でした。

進撃の巨人を見たことがなく、映画を見ようと考えている方にはオススメできません。

むしろ、コミックやアニメを見た方がその深さを楽しめます。



進撃の巨人 コミック 1-18巻セット (講談社コミックス)

 

rakuten600

 - , 私の日常