ボールペン 万年筆 文具

Petit1を紛失(汗)

ショック・・・Petit1を紛失

とっても気に入っていたPetit1を紛失してしまいました。

Petit1というのは、私が数年愛用しているPILOTのペンです。

いつもRHODIA No.11と共に持ち歩いているペンで、RHODIA No.11と最高のパートナーと思っています。

petit1_rhodia11

 

Petit1は先端が万年筆のような形になっており、ペン先のフローが安定しています。
万年筆とは構造的に違うのですが、先端がボールペンとは違うのでボールペンでもないペンです。

万年筆でもボールペンでもない、「万年筆タイプ」のペンです。
しかも価格も200円~300円と安い!

ペンは手のひらサイズで持ち運ぶにはピッタリでした。

ノック式のボールペンも試してみましたが、ノック式のペンはバッグやポケットの中で押されてペン先が出てしまいます。

バッグやポケットの中でペン先が出てしまうと最悪です。
汚れるし、メモ帳(ノート)は破れるし・・ヘタしたら怪我でもしそうです。

そういう苦い経験から、ノック式はポケットに入れないほうが良いと思っています。
胸ポケットに差し込む分は大丈夫なのですが、ズボンのポケットにそのまま入れるのはよした方が良いです。

それ以来このPetit1を長い間使っています。

他のペンも何度か試しましたが、結局ここに戻ってくるのです。

そんなPetit1を不覚にも紛失。

「赤を持っているなら良いじゃない」と言われるかもしれませんが、赤いペンだとメモをする時に「人の名前」が書きにくくて・・・(ほら、赤字で名前を書かれるのを嫌がる人もいるでしょ?)

手元に赤のPetit1しかないので、取り急ぎこちらを使用しますが、しばらく探すことになりそうです(笑)
(意外とこのPetit1は店頭で見ないのですよ)

ネットで買うには本体以上に送料がかかってしまうし・・・

小さなことですが、大きなストレス(汗)

今度出会ったら2~3個確保します(笑)

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-ボールペン, 万年筆, 文具

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.