手帳と私の生活ブログⅡ

手帳・文具・子供教育についてのいろいろ

Pomera(ポメラ)DM100を再購入

   

Pomera(ポメラ)DM100はやっぱり手放せない!

Pomera(ポメラ)DM100をまた購入しました。
今回2台目のDM100です。

PomeraDM100

ポメラはDM20、DM100と使ってきました。
壊れたり、古くなって手放したりして、半年ほどポメラを持たない生活をしていましたが、やっぱり不便です。
ポメラの機動力(「入力したい!」と思った時に入力できる環境)に慣れてしまうと効率の低下を実感しました。

Pomera(ポメラ)DM100の魅力

改めて、ポメラの魅力について書いてみようと思います。

ポメラは蓋を開ければ2秒で立ち上がる

この「2秒で立ち上がる」というのはノートパソコンとは雲泥の差です。
ノートパソコンは早くても10秒はかかります。
2秒・・・とありますが、実際には蓋をあけて角度を調整しているうちに2秒経っています。

体感的には蓋をあけた瞬間から打ち始められるくらい速いです。

 

単3アルカリ電池で30時間作動する!

一日と言わず、ほとんど電池を気にすることなく使えます。
しかも単3電池はコンビニでも売っています。
(私は念のため持ち歩いています)

この「電池切れを気にしなくて良い」というのは精神的に非常に良いのです。
文章入力に集中できる環境をシッカリと確保してくれます。

 

辞書が内蔵されている

スマホが広がっている今の時代はあまり「メリット」とは言えませんが、
辞書の文章をコピーできるので、意外と便利だったりします。

ネットに繋がる環境がなくても自信を持って正しい文章が書けます。

 

Bluetoothで繋がる

このBluetoothがPomera(ポメラ)DM100のメリットです。
スマホやパソコンと簡単につながりますのでスマホでも長文のストレスがなくなります。

テキスト文章のファイルもやり取りできるらしいのですが、私はやったことがありません。

Pomera(ポメラ)DM100のデメリット

・インターネットは接続できません。
・ストレージ(保存)は本体またはSDカードです
・画面はカラーではありません。
・マウスは使えません、キーボードのショートカットを使います。

パソコンに慣れすぎていると「ちょっと不便」と感じるかもしれません。

 

私も以前このデメリットに気を取られて持ち歩き用のノートパソコンを使ってみましたが、
ポメラのほうが余程使えると気付きました。
持ち運びは軽いし、薄いし、机の上で入力しても画面が小さいので圧迫感がありません。
電車やカフェなど狭い場所でも余裕で出して入力できます。
Pomera(ポメラ)DM100は最小にして最強かもしれません。

 

実は、先日ポメラが生産中止・・・というニュースが飛び込んできました。
幸い、Pomera(ポメラ)DM100はまだ生産されるようですが、それ以外は生産中止となりました。

個人的にはPomera(ポメラ)DM100をもう少し正常進化させてもらえると嬉しいです。

 

ポメラDM100の改善してほしい点・・・

・SDカードが少しはみ出る⇒はみ出ない設計にしてほしい
・画面はこれくらいで良い(カラーでなくてもOK)、でも解像度は上げてほしいな
・キーボードの文字消えがあるので、そこを強化してほしい
・キーボードがバックライト付きならカッコ良いので嬉しい
・辞書はもう要らないかも・・・Bluetoothは残してほしい
・ATOKの最新版が入っていれば嬉しい(使い始めの変換がちょっとバカ)

 

しかし、本当に良い商品だと感じています。

念のためもう一台予備で持っておきたいくらい惚れ込んでいます。
確実に時間が短縮されて、自由な時間が増えます。

 


pomera DM100 の詳細はこちら(amazon)

rakuten600

 - ポメラ, 私の日常