手帳と私の生活ブログⅡ

手帳・文具・子供教育についてのいろいろ

料理が気になるこの頃・・・

   

最近料理にハマっています・・・

 

 

嘘です。

100250ga10000117

しかし最近、ふと「料理ができたらいいな」と思うことがあります。
小さい頃からあまり「食」についてこだわりもなく、「食べられるのなら何でも・・・」という子供でした。
大人になって気づいたのですが、ちょっとした「味オンチ」ではないかと自分で疑うようになりました(汗)

 

自分で「味オンチ」は言い過ぎかもしれませんが、元々鼻が悪いこともあり、人より香りや味に鈍感だと思います。

ただ、自分でも不思議なのですが、「マズイ」と感じる物もあります。

う~ん。
表現しにくいのですが、たぶん普通の人の80%程度の嗅覚だと思いますね。
さて、そんな私が料理をしたらどうなるか?
作る前から何となくわかるのですが、「マズくなる」か「味が濃くなる」かの2つだと思います。

過去(学生時代)に一人暮らしをしたことがあり、料理を作ったこともあるのですが、あの頃はヒドかった・・・

本を見ながら作っても美味しくないんですね。

「塩少々」なんて書かれていると「少々って何だよ!?」と軽く混乱します。
むしろ「全体の○%くらい」なんて書いておいて欲しい(笑)

大人になって、最近はいろんな事に妥協できるようになってきて、「塩少々」も「ひとつまみくらいかな?まぁ適当でいいか」と考えられるようになってきましたが、基本的にフワットした感じは苦手です(汗)

さて、前置きが長くなりましたが・・・

先日本屋で「syunkonカフェごはん(amazon)」という本を見つけて手にとってみました。
ここでビビッと自分にスイッチが入った(正確には「入りそうになっただけ」)のです。

この本は、その辺にある材料を使って「カフェ風」の料理が作れるというものです。
カフェ風・・・うんうん、オシャレそうじゃないですか!

何でも形から入りたがる私にピッタリ(笑)
長続きしなくても大丈夫!

難しい食材は無いからいざという時は他に流用できる!

そこで、料理にチャレンジしてみようかな・・・と
少し考えるようになりました。

将来的には自炊できるようになれば嬉しいのですが・・・
よし、夢を叶えてくれるフランクリンに書いておこう(笑)

この本の著者(山本ゆりさん)はブログも持っていて(というか、元々ブログから書籍化された方でした)、見るだけでも楽しめます。

素直に書かれている文章が親近感が持てます。

山本ゆりオフィシャルブログ
syunkonカフェごはん(amazon)

rakuten600

 -