手帳と私の生活ブログⅡ

手帳・文具・子供教育についてのいろいろ

仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方

   

「仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方」という本を読みました

刺激的なタイトルにつられて、図書館でかりてきました。

img_0936
私たちはなぜすぐに忘れてしまうのか、どういうメカニズムで覚え、忘れるのか!?
最近の脳科学や認知学を元に書かれています。

一時メモリはワーキングメモリという記憶が司っているのですが、
このワーキングメモリが、私達のメモリーミスを引き起こしているのだそうです。

「確かに覚えた」と思っても、次の日は「何だったかな?」という事ってありますよね。

あの有名なエビングハウスの忘却曲線から言っても20分後には58%程度しか頭に残っていません。
私達の記憶は自分が思っている以上に頼りにならないようです。

人間が一度に覚えられるのは4~7個と言われています。

一つの動作や一つの事が気になっていると他の事を覚える余裕はありません。
沢山の事をやろうとすればするほどワーキングメモリーがパンクしてミスを起こすという事です。

ここで面白い動画がありました。

1分ほどで終わるので良かったら見て下さい。

一回目に見た時に「あれ?初めからいたっけ?」と思いましたが、
いつ入ってきたのかは見落としていました。

さすがに2回見れば気づきますが、すごい映像ですよね。
他にも、注意を向けないためにもワーキングメモリを使うというのは衝撃でした。

仕事中にメールが気になったり、スマホのSNSが気になっていると、目の前の仕事に集中できないそうです。

確かにそういう事ってありますよね。
女子がよく、恋愛の悩みが強すぎて仕事が手に付かない・・・みたいな(笑)

それくらい人間という動物は注意力散漫な生き物らしいのです。

仕事のミスはしたくありませんが、日常でもミスはイヤですよね。

 

アイディアをすぐに忘れてしまったり、旅行の思い出をすぐに忘れるのは当たり前のことみたいです。
ただし、それらを忘れにくくする事はできるそうなので、色々と試してみようと思います。
チョット胡散臭いタイトルの本でしたが、読むと面白く、今後の役に立ちました。
とはいえ、この気持も忘れちゃうんだろうな・・・(笑)

自分自身を過信しない・・・と戒めと共に勉強になりました。

 

 

rakuten600

 - , 私の日常