手帳と私の生活ブログⅡ

手帳・文具・子供教育についてのいろいろ

ワタシ的風邪対策

   

昨日から喉の調子が悪く少し風邪気味です。

医学的には「風邪(かぜ)」という診断名はありません。
一般的に言われている風邪は「感冒(かんぼう)」と言います。

それはさておき、今日は私の風邪対策について書いてみます。

風邪薬は基本的に使わない・・・?

基本的に「風邪=風邪薬」と考える人は多いと思います。
私も以前はよく総合感冒薬を飲んでいました。
(今でも時々お世話になっていますが・・・)

しかし、感冒薬は根本的に治療ができるわけではありません。

緊急時には症状を抑えてくれるので助けられますが、感冒を根本的に治すには自分の免疫力を強くするしかないのです。

 

私の風邪予防法

風邪対策① ヨーグルト R-1

R-1にはいつもお世話になっています。

R-1について裏付けとなるデータは確か無かったと思いますが、色んな場所で免疫力を高くすると言われています。
体感的にもR-1を食べた時は体調の回復が早い気がします。

免疫力を高めるには腸内細菌を正常に整えることが大切だと最近は言われています。
調子が悪い時は R-1を努めて摂取するようにしています。

 

風邪対策② のどスプレー

うがいも大事ですが個人的には「のどスプレー」がすごく喉に効きます。
医学的な根拠は不明ですが、喉の調子が悪い時はうがいよりも気楽にできるので気に入って使っています。

ちょっと喉がおかしいな・・・と思った時は寝る前にシュッとして寝れば大抵治っています。

 

風邪対策③ 歯磨き

身体の中で一番細菌が多い場所は口の中と言われています。

そして、口腔内(口の中)を綺麗にすることは感染予防には良いとされています。
海外の病院では仕事が終わって、歯磨きをして帰る看護師もいるそうです。

虫歯予防ではなく、風邪予防に歯磨きは有効です。

 

風邪対策④ マスク

言わずと知れた風邪予防物品の一つですが、そもそもマスクの効果は口腔内の保湿です。

吸う空気のフィルターとしての効果もありますが、保湿の方が効果としては高いと言われています。

ウイルスは乾燥した粘膜を介して感染します。
そのため、口腔内の保湿は非常に重要です。

寝る時にマスクをはめて寝るとハウスダストのアレルギー症状の緩和にもつながり一石二鳥です。
(人によっては寝苦しいかもしれませんが・・・)

 

風邪対策⑤ ビタミン剤の摂取

昔はビタミンを大量に取れば良いと考えていた時期もありました。

ビタミンCの製剤を多めに摂取したり、アセロラドリンクを信じていたり・・・(笑)

ビタミンは適量でないといけません。
つまり大量にとってもそんなに効果は変わらないということです。

私はマルチビタミンを適量摂取するようにしています。

 

風邪対策⑥ 水分摂取

感染した時は、水分を多めに取る必要があります。

人間の体は感染すると水分が多く必要になります。
いつもより少し多めの水分を取ることで循環が良くなり回復も早くなるはずです。

 

風邪対策⑦ 保温

暖かくして寝る・・・とはいえ、汗をかくほど暖かくする必要はありません。
体温が高いほど循環は良くなります。

人間の酵素は36.0~37.0度くらいが働きが良いそうです。

程よく暖める事が大事です。

 

後は胃腸に負担をかけない食事と十分な睡眠が大事になります。

恐らく全く効果は無いと思いますが、今回のどの痛みが強く龍角散のど飴を購入しました。

img_20161119_200851

久しぶりに食べたのですが喉が痛いときは染みますね(笑)

普段はアメなんて食べませんが、今回はアメに助けられています。

rakuten600

 - 私の日常