子供関連 子育て・子供教育 日常生活

息子が「かるた大会」に出場しました

地元の「かるた大会」に参加してきました。

この「かるた大会」は市で行われているイベントで、今年で10回目になります。

 

初めて聞いたときは「えっ?かるた?・・・地味・・・」と思ったのですが、参加してみると意外と面白くて、色々と勉強になりました。

 

地区の情報誌(市報など)で公募されており、事前に申込みがあります。

地区ごとに「チーム」として出場するのですが、何度か練習を行ってから本番になります。

 

かるたの内容は「ことわざ」となっています。「犬も歩けば棒に当たる」「鬼に金棒」など・・・

なので、気がつけば息子はすべて暗記していました(ことわざの意味はわかっていませんが(笑))

勉強にもなるので、一石二鳥です。

 

 

自分のチーム5人、相手チーム5人の計10人で土俵を囲んでの試合になります。
今回息子は初めての参加でしたが1試合に3枚程度を確実に取っていました。

一年生なので「1枚取れば十分」と思っていましたが、予想以上に攻めていました(笑)

 

結果は、5試合して2勝3敗という結果で、下から数えたほうが早い順位でしたが、良い経験になりました。

 

 

地元のテレビ局や新聞記者も来ていて、夕方のニュースで「かるた大会」の様子が紹介されていたのですが、なんと息子が取っている瞬間がテレビに流れました☆(運がいい)

↑前に出ながら取っているのが息子です。

後ろ姿だったのですが、テレビデビューもできて良い思い出になりました。

 

 

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-子供関連, 子育て・子供教育, 日常生活

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.