祖父が亡くなって考えたこと

12月22日に入院中の祖父の訃報が突然届きました。

私の祖父は91歳で、10月に転落し、頭の怪我をしました。
急性硬膜下血腫の診断で緊急手術を行い、その後は順調に回復しました。

後遺症もなく、無事に近くの病院に転院できたのですが、長期間のベッド上生活と嚥下不良(飲み込みの悪さ)があり、最後は尿路感染からくる敗血症の診断で亡くなりました。

亡くなる当日まで普通に喋っていたので、痰による窒息の可能性も否定できませんが、突然の呼吸停止による死亡となりました。

 

91歳という年齢だったので、いつ亡くなってもおかしくない年齢です。
身内はもちろん覚悟はしていましたが、最後に看取ることができなかったのと、お別れの一言が言えなかったのは残念でなりません。

24日のクリスマスイブにお通夜、25日に葬儀でした。

 

お通夜では弔問客へ一言挨拶をしましたが、涙が溢れて上手く話せませんでした。

 

導師が非常に印象的な一言を話してくれました。

人は歳を取って、60歳になったから、70歳になったから、80歳になったから・・・と言うけれど、誰も自分が死ぬとは思っていない。

突然祖父が亡くなって身内は驚いたかもしれないけれど、本人が一番ビックリしている。
そして、自分の身体を犠牲にして、「1日1日を大切に生きなさい」と教えてくれている。

 

確かに・・・「いつか死ぬ」とはわかっていても、今日死ぬとは誰も思っていない。
何か不思議だな・・・と感じたものです。

 

そして、同時に不条理だと感じることもあります。

誰も病院で死にたいと思っていない。
本人も、病院で働いている人たちも、病院で亡くなってほしいとは思っていない。

それなのに、殆どの人は病院で死んでいくという現状がある。
自宅で亡くなる人はほんの一部(1割もいない)と聞いたことがあります。

誰も望んでいないのに・・・変な感じがします。

 

 

そんなこんなで、バタバタしたクリスマスでしたが、祖父の教えてくれた事を胸にまた頑張ろうと思えました。

じいちゃん、ありがとう。

2 件のコメント

  • keiさん、どうもです。
    このたびは、ご愁傷様です。

    私は両祖父母みんな他界してまして
    その後に娘が産まれてるので
    曾孫を見せる事が出来なかったんですよね。

    keiさんは息子さんを見せたり抱っこして
    もらったりしたのではないでしょうか?
    やはり曾孫の顔を見れたというのは
    おじいちゃんも幸せだったと思いますよ。

    私の父(今73歳)は、孫の花嫁姿までは
    見れなくても、せめて成人式の晴れ着姿見るまでは
    生きていたい、なんて言ってます。
    13年後だから父親が86歳か・・・。
    私も56歳・・・(大汗)

    • 海さん

      コメントありがとうございます。
      確かに、海さんの仰る通り曾孫を見れたというのは大きいかもしれません。

      私にはあと一人父方の祖母が生きています。

      ただ、不幸な事に!?息子は「ひいおじいちゃん」「ひいおばあちゃん」に対してあまり良い印象を持っていないんですね・・・
      いつも素っ気ない態度を取るので、ヒヤヒヤします。

      祖母はカワイイと思ってくれていますが、息子は照れくさくて目をあまり合わせません・・・私の母や妻の母(息子の祖母)には愛想を振りまくのですが・・・何だか複雑な心境です(笑)

      しかし、あっという間に年を取りますよね。
      海さんに言われて私もハッとしました。
      たかが10年、されど10年・・・といったところでしょうか?
      お互い長生きしましょうね!(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    コーヒーと文房具が好きなアラフォー男子 愛用の手帳は『フランクリン・プランナー』 手帳のことを中心に書くつもりではじめたブログが、気づけばこんな形に・・・日常生活を中心に書いています。