手帳と私の生活ブログⅡ

手帳・文具・子供教育についてのいろいろ

さようならフランクリンプランナー

   

タイトルが大げさですみません・・・

「フランクリンプランナーを使うのをやめる」という意味ではありません。

2008年からフランクリンプランナーを使っていますが、ずいぶん溜まってきたので、2008年から2014年分まで処分する事にしました。

昨年「電動シュレッダーを購入した」と記事にしましたが、そのシュレッダーのおかげで手軽にプライバシー物を捨てられるようになりました。

物が減っていくと、よく使う物が明確化され、自分の持っている物、持っていない物がハッキリ見えるようになります。

まだまだ持ち物は多いのですが、こうして一つずつ減らしていくと気持ちが良いものですね。
過去のフランクリンプランナーをパラパラとめくりながら「こんな事考えていたんだ」と過去に悩んでいた自分を振り返っていました。

これからも色んな事で悩むと思いますが、こうして受け止めてくれる場所がある事は本当に心強いです。
そして、フランクリン・プランナーに「こうなりたい」と書いた事は不思議と達成して行くんですよね・・・
フランクリンプランナーの力を改めて感じました。

 

もちろん、フランクリンプランナーを使わなくてもできるかもしれません。

才能のある人は自分で自己管理ができるものです。
私にはその才能が無いのでフランクリンプランナーのようなシステムツールに頼るしかありません。

しかし、この優れたシステムのおかげでブレずに確実に成長しているのを感じます。
「大事な事は目に見えない」と言われますが、フランクリンプランナーを使っているとその意味が分かる気がします。

一見、普通のシステム手帳と違いはありませんが、使ってみると非常に優れたツールだと言うことがわかります。
きちんと使えば、ブレる事無く達成まで導いてくれます。

そして、ブレるとすぐに修正することができます。
「価値観」の強さはここにあるのだと感じます。

 

人間は目の前の出来事に惑わされやすい動物です。
それは子供の時も、大人になっても起きる事です。

 

他人の意見や、メディアの情報、隣に座った人の会話、本・・など情報と
自分の考えとリンクしながら影響を受けます。

それらに流されてしまうと、結局自分のやりたいことができなくなります。
もしかしたら「自分のやりたいこと」さえ失ってしまうかもしれません。

 

私自身も時々「何がやりたいのか」わからなくなります。
フランクリンプランナーを使っていても常に迷っています。
この手帳がなければ何度路頭に迷っていたことか・・・

 

フランクリンプランナーがいつも私を正しい方向に向けて修正してくれるのです。

 

フランクリンプランナーを使い始めた頃は全くわかりませんでしたが、「コンパス」と言われる意味をようやく理解できるようになりました。

 

2017年からフランクリンプランナーをウィークリータイプに変えましたが、とても充実した日々を送っています。

「もう10日も経ってる」と思う反面、「たった10日でこんなにたくさんの事ができた!」と自分の自信にもなっています。

今年はフランクリンプランナーをもっと使いこなして、充実した一年を過ごせたらいいなと思います。

フランクリン・プランナーは2008年から使っているので、ちょうど10年になります。
節目の歳・・・
30歳過ぎまで手帳を全く使わなかった私がこんなに長く同じ手帳を使うとは・・自分自身で驚いています。

ちなみに・・・ですが、私の弟も数年前からフランクリンプランナーを使っては辞め、使っては辞め・・・を繰り返しています。

昨年は「ジブン手帳」を使っていましたが、今年はフランクリンプランナーに戻っていました(笑)

やっぱり一度使うと手放せなくなるんですよ・・・
値段は高いですが、それ以上の価値を生み出してくれるツールだと思います。

 

rakuten600

 - フランクリン・プランナー, 手帳, 私の日常