手帳と私の生活ブログⅡ

手帳・文具・子供教育についてのいろいろ

1月に見た映画

   

2017年が始まって、そろそろ1ヶ月が過ぎます。

1月は逃げる・・と言われていますが、2017年の出だしは何となくスローに感じています。

最近、時間を作って映画を見るようにしています。
当たりハズレも多いですが、映画は基本的に好きなので・・・とはいえ、映画館に行ってゆっくり見る時間もお金もないので、もっぱらレンタルDVDです(笑)

2017年1月に見た映画

「64(ロクヨン)」

やっと・・・と言うべきでしょうか。
昨年原作を読んで、やっと映画を見ることができました。

DVDが出るのを待っていたのですが、なにせ前編・後編の2本立てです・・・見る時間も確保しないといけませんし、レンタルのタイミングが難しかったです。

佐藤浩市の演技・・・素晴らしかったですね。
落ち着いた大人の男性!という感じが素敵で、思わず見入ってしまいました。
あんな風になりたいけどなれない・・・手の届かない感じが良いですね(笑)

64(ロクヨン)の俳優陣がすごすぎて、それだけでも見る価値がありました。

「X-ミッション」

こちらの映画はDVDの映画紹介で面白そうだったので借りてみました。
この映画の売りは、「No CG」だそうです。

CGを使用しておらず、迫力の演技が見れます。
人間業とは思えない技術の高さに驚かされました。

ただ、話の内容はイマイチでした。

何だろう・・・ちょっと考えが偏りすぎている気がしました。

「シークレット・アイズ」

2大女優「ジュリア・ロバーツ」と「ニコール・キッドマン」が出演している映画です。

全体的にクラ~イ話でした(汗)

ちょっと切ない復讐劇・・・といったところでしょうか。

ニコール・キッドマンはキレイだったけど、話としては気分が盛り上がらない映画でした。

 

「マネーモンスター」

ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツの映画
ジョディ・フォスターが監督をしています。

番宣を見る感じ、テロ的な感じと思って期待しましたが、単独犯の話で・・・

こちらも期待はずれ。
全体的にまとまりがあと一歩欲しかったかな・・・

「クリーピー 偽りの隣人」

西島秀俊と香川照之が出演している映画です。

この2人のシリーズなら個人的には「ダブルフェイス」の方が好きでした。
MOZUもイマイチだったし・・・

話は、気持ち悪かった・・・というのが感想(笑)

見た後、何かスッキリしない感じが残った映画でした。

まとめ

1ヶ月で5本・・・今月は多いですね。

時間は作れば意外とあるんだな・・・と感じました。
フランクリン・プランナーのおかげですね(笑)

 

rakuten600

 - 私の日常