ツバメノート~SECTION

2017年の一冊目~ツバメSECTIONノート

フランクリン・プランナーのサブとして使用しているノートです。

文具好きの間では有名ですが、ツバメノートといえば「フールス紙」という非常に良い紙が使用されています。
※ツバメノートの全てのノートにフールス紙が使われているわけではありません

フールス紙は一般によいとされている上質紙よりもひと工程多く、丁寧に漉いて作られており、紙を透かしてみると、すのめ模様と呼ばれる紙の繊維が織り成す縞模様があることも特徴だそうです。

 

ちなみに、私が今年使用しているSECTIONノートはフールス紙ではありません。

しばらく勘違いして「フールス紙」だと思って使っていましたが、良く調べてみると違いました(笑)
しかし、紙質が非常に良く、ツルツルして裏写りのほとんどない紙に仕上がっています。

さすがツバメ!と言わずにはいられません。

ノートは数多くありますが、このツバメノートはどこかしら安心感を与えてくれるノートです。

書いて良し、持ち歩いて良し、保存良し・・みたいな。。。
使っていると品質の良さを感じます。

お気に入りのノートを使うことでストレス発散になっている気がします(笑)

 

↓コチラのSECTIONはフールス紙が使われているみたいです。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒーと文房具が好きなアラフォー男子 愛用の手帳は『フランクリン・プランナー』 手帳のことを中心に書くつもりではじめたブログが、気づけばこんな形に・・・日常生活を中心に書いています。