子供の手帳に感心する

自分の子供に感心する事があります。

私の息子(7歳)も今年から手帳を使うようにしました。

過去の記事はこちら
「子供の手帳」

「すみっコぐらし」というキャラクターの手帳なのですが、この手帳の使い方に感心しています。

我が家では毎朝学校に行く前に「百マス計算」をやっています。
そのタイムを手帳に書いているのです。

毎日毎日、欠かさずに時間を測定しては手帳に書いています。

決してタイムが伸びているわけではありません。
クラスの中でも特に早いわけではありません。

それでも、百マス計算を「毎朝」行うという姿勢に驚かされますし、それを手帳に記していることにも驚かされました。

 

私はフランクリプランナーを使い初めてもう数年が立ちますが、息子が初年度からこれほど活用できるとは思っていませんでした。

 

たいてい手帳を使い始めた初期は、あまり手帳を活用できずにいるものです。

もう早速負けそうです(笑)

 

2 件のコメント

  • keiさん、どうもです。

    息子さんの手帳、素晴らしいですね!
    左側部分の、えいがかりる、なわとび
    下あがり(さかあがり?)などは
    まさか、「やる事リスト」ではないでしょうか?

    7歳ににして、この使いこなし、
    恐るべしです。
    今でこの調子なら、高学年になったら
    既存の手帳では満足せず、自作したり
    するかもしれませんよ?(笑)

    • 海さん

      ありがとうございます。
      海さんに言われて「そうかも」と思ってきました(笑)
      タスクリストになってる・・・?

      将来、自作して自慢してきてほしいなぁ〜(ブログネタになります(笑))

      しかし、息子の物とはいえ、他人の手帳を見ると何だかやる気が出ます☆

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    コーヒーと文房具が好きなアラフォー男子
    愛用の手帳は『フランクリン・プランナー』

    手帳のことを中心に書くつもりではじめたブログが、気づけばこんな形に・・・日常生活を中心に書いています。