手帳と私の生活ブログⅡ

手帳・文具・子供教育についてのいろいろ

オススメクリアファイル~リヒトラブ キャリングポケットA4

   

オススメのクリアファイル

普段あまりクリアファイルは使っていないのですが、4月から役職が変わり、書類仕事が増えてきたので、クリアファイルが欲しくなりました。

クリアファイルって、100円均一の物から、ちょっと高級なものまで、最近は本当に数が多く、どれを選べばよいか迷います。

100円均一のものはビニルがすぐにダメになりそうなので、今回は除外させていただきました。

今日は実際に文具屋に足を運んで見てきた中で、たくさんの商品から「これはオススメ!」という物を数点御紹介したいと思います。

 

オススメクリアファイル①~ノビータ

ドラえもんの「のび太」ではありません。
コクヨから発売されている「ノビータ」という製品です。
(スミマセン、面白くなくて・・・)

このクリアファイルは「後からファイルを増やせる」というのが特徴です。

資料を作成して、ページが増えるかも・・・

数年間使用して行きたい・・・

という資料を入れる時には適しています。
表紙やビニル素材も悪くないので、長く使うことができると思います。
万が一、ビニル部分が破れても中の一部だけ交換できるので、綺麗に使うことができます。

資料が増える・長く使いたい という方にオススメです。

 

オススメクリアファイル②~TAFURU(タフル)

キングジムから出ている「TAFURU(タフル)」という製品です。

このファイルの特徴は、「中のビニル部分が強い」というのが特徴です。

ビニルというよりはプラスティック。

皆さんがよく使う「A4の書類を綺麗に持ち運ぶためのクリアファイル(で伝わるのかな?)」がページの中に入ったイメージです。

ポケットの厚みが2.7倍!と書かれてあります。

なので、「クリアファイルに少し厚めな物(ノートなど)を入れたい」という時に便利。

勉強会の資料を1ページずつではなく、1セットずつ保管しておきたい・・・という時に役に立ちます。

我が家は、地区の組合の資料入れとして活用しています。

 

 

オススメクリアファイル③~リヒトラブ キャリングポケットA4

今回のタイトルにも書いていますが、今回買ったのはリヒトラブのキャリングポケットA4という製品です。

この製品が生きる場面としては、「良く取り出す資料を持ち運べる」という点です。

今回私はシフト表を作成する為に購入しました。

シフト表を作成するにあたって、数点資料が必要になります。

「年間の休日数」「委員会」「先月のシフト表」「スタッフの休暇希望表」「過去の年休使用数」などの資料があるとシフトを組む上で便利です。

シフトを書き込む用紙は何度も取り出します。

スキマ時間にシフトを考える場面も出てきます。

鉛筆や消しゴム、ペンなどが必要になります。(このリヒトラブ キャリングポケットA4にはポケットも付いています)

 

資料+取り出す場面が多い用紙+持ち運ぶ+筆記具がまとめて入れられる

という要望を全て満たしてくれる製品です。

しかも値段もお手頃。

マニュアルなど固定的な資料ではなく、フローな資料を持ち運ぶ場面で非常に役に立つ製品です。

 

4月から新生活をはじめる方も多いと思います。
一つ新しいクリアファイルを試してみては如何でしょう?

 

rakuten600

 - 文具, 私の日常