クラフトボス(ボトルコーヒー)を飲んでみた

クラフトボス(ボトルコーヒー)を飲んでみた

缶コーヒーじゃないボス(4月4日発売)・・・「クラフトボス」を近所のAEONで見つけました。
これを飲んだ日は今日(4月3日)なので、一足早く手に入れる事ができました。

このクラフトボスは200の工程を経て手間をかけて作られたコーヒーだそうです。

コンセプトは「いつでもどこでも飲みたい」という要望に答え、少しずつ飲むことを想定して作られたコーヒーだそうです。

一応、医療者なので一言言いますと・・・口を付けて飲むものなので、中で細菌が増えます。
特にこれからの時期、食中毒などを引き起こしやすく、1時間以内で飲みきる事をおすすめします。

口を付けて飲まないのであれば、もう少し大丈夫ですが、常温なら2~3時間が適切かと思います。

 

それはさておき、このクラフトボス・・・チョット濃い目です。

スッキリしていますが、比較的濃く、酸味があります。
コーヒーの酸味が苦手な方はゾクッとする感じがあるかもしれません(笑)

同社のブラックコーヒーなら「プレミアボス」の方が酸味は少ない気がします。

ただ、こちらのクラフトボスは缶ボトルコーヒーより飲み口が狭いので、飲みやすかったです。
個人的にはもう少し薄めで良いのではないかと思います。
氷を入れたコップに注いで飲むとちょうど良さそうです。

 

新しいコーヒーに出会うとちょっとドキドキします(←単純)

良い出会いがありました(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒーと文房具が好きなアラフォー男子
愛用の手帳は『フランクリン・プランナー』

手帳のことを中心に書くつもりではじめたブログが、気づけばこんな形に・・・日常生活を中心に書いています。