インデックスは付箋の時代

ノートのカテゴリー分け(インデックス)は付箋の時代になった?

ノートやファイルのカテゴリーわけって結構面倒ではないですか?

以前はこういう物(インデックスラベル)を使っていました(今も時々使うけど・・・)

便利なのですが面倒で、ちょっと敷居が高いのですよ・・・

それに、一度貼ったら貼り直しができないし・・・

でも、小さい頃から使っていて、「インデックスとはそんな物か・・・」とずっと思っていまいた。

 

しかし、ここ最近はこんなものが出ています。

ポストイットのインデックス付箋です。

はじめは「普通の付箋と一緒じゃない?」と思っていましたが、全然違いました!

素材が少し硬めでコシがあるので、簡単に曲がらないのです。
字も書きやすいし、貼り直しがきくし、メチャクチャ便利!

手帳のインデックスとして使っていますが、手帳をポケットに入れても簡単に曲がりません。
枚数も十分入っているし、こんなに便利さを実感する商品とは思いませんでした。

 

最近はクリアファイルに貼って、立てて管理しています。

一時的な資料やカタログなど、捨てるわけには行かないけれど、毎日必要なわけではない・・・という資料の整理に便利です。(新人の年間計画や職場の会議資料など・・・)

クリアファイルに綺麗に整理すれば、壁に貼り出す必要もありませんしね・・・

買う時に「チョット高いかな・・・」なんて思いますが、使ってみると元が取れる商品だと思いました。
一度使って、早速リピーターになりそうです☆

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒーと文房具が好きなアラフォー男子
愛用の手帳は『フランクリン・プランナー』

手帳のことを中心に書くつもりではじめたブログが、気づけばこんな形に・・・日常生活を中心に書いています。