子供関連 子育て・子供教育 日常生活

電気を白(昼光色?)に変えてみました

我が家のダイニングの電気を昼光色に変えてみました。

 

 

息子の健康診断の結果で「視力」がB判定でした。

我が家は私も妻も近視で、息子も近視になる可能性が高いのです。

 

テレビやゲームもあまりしないようにしていますが、それでも少し低下しているようです。

 

日常生活であまり視力の低下を感じる場面はありませんが、ちょっと不安になってきました。

 

息子は主にダイニングテーブルで勉強をします。

今までダイニングテーブルの電球は、ちょっとおとなしめの黄色っぽい電気(電球色)にしていました。

電球色は暖かみのある落ち着いた色で雰囲気は良いのですが、少し暗めなので、目にも悪いのではないかと思い電球を交換しました。

 

勉強に適した明かりは「昼光色」

「電球を変えただけで、こんなに雰囲気が違うんだ!」と感じるくらいノートの字が見やすくなりました。

昼光色は青白い色の光でお部屋をすっきり明るく演出します。

子供部屋やオフィスなど集中力を高めるのに適している明かりだそうです。

 

今まで気づかなかった所に気づいて、ちょっと改善できた気がしました。

 

これ以上視力が下がらないことを願って、気をつけて生活したいと思います。

 

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-子供関連, 子育て・子供教育, 日常生活

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.