「君の名は」を見て感じたこと

「君の名は」がやっとDVD化されたので、早速借りてみました!

あれだけの大ヒット作品で、見た人はみんな「良かった」と言いますもんね!

映画は行きませんでしたが、この話題作を見ないわけにはいきません。

全体的な感想としては、面白かったです。
ただ、なぜあんなに流行ったのかわからない作品でした。

 

そして、作者の伝えたいものをあまり理解できず「なぜ?」がたくさん頭に残った作品でした。

なぜ記憶が無くなるのか?

なぜあのタイミングで携帯の字が消えるのか?

どうやって父親を説得させたのか?

・・・など。

それも含めて「君の名は はスゴイ」なのでしょうね(笑)

 

運命の人、ピンとくる人・・・
無条件で「スキ」と思える人。
そういう一人ひとりの感性を後押ししてくれるような作品ということかもしれません。

しかし、何でしょうこのモヤッとした感じは・・・
もう少し2人の将来が見たかったですね。

そして、最後に「君の名は」というセリフで終わっちゃうところは少し残念な気がしました。
(何だかそのまんますぎて・・・)

チョット批判めに書いていますが、見て損はしませんでしたので、まだの方は是非☆

 

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒーと文房具が好きなアラフォー男子
愛用の手帳は『フランクリン・プランナー』

手帳のことを中心に書くつもりではじめたブログが、気づけばこんな形に・・・日常生活を中心に書いています。