手帳と私の生活ブログⅡ

手帳・文具・子供教育についてのいろいろ

未来の年表がスゴイんだけど・・・

   

『未来の年表』という本がスゴイ・・・

本屋で一目惚れして、その時はフラッと立ち読みしたんだけど・・・
忘れられずに、後日アマゾンで購入しました。

これから起こる未来の事がたくさん書いてある本です。

 

人口構造はデータからほぼ決まっています。
この本は、少子高齢化がこの先止まること無く進んでいく「現実」を教えてくれます。

すでに日本人女性の3人に1人は高齢者(65歳以上)。
合計出生率が増えても母数が小さいため、実際の人数は増えることはありません。

この先子供の数が今より増えるという可能性はほぼ無いと言われています。

 

2025年問題(団塊世代が75歳以上になる年)と言われているが、正確には「2024年」であり、2024年には2015年よりも人口は390万人ほど減り、その一方で75歳以上は490万人ほど増える。

毎年の死亡数は150万人を超え、出生数の2倍になる。

想像しただけでゾッとさせられます。

 

ただ、この情報を「今知っておく(気づいておく)」事と、「その時に気づいたらそうなっていた」には大きな差があると思います。

いわゆる、ボイルド・フロッグ症候群にならないようにしたいものです。
(カエルを水に入れて火をつけると、熱くなっているのに気付かず死んでしまうっていうやつです)

大きな変化には大げさに反応するのに、小さな変化には気づけずに対応が遅れます。

 

未曾有の少子高齢化社会に備えて、それぞれ準備する事は違うと思いますが、読みながら「こんな事も考えておく必要があるのか!?」と驚かされます。

不安な将来をもっと不安にさせてくれます(笑)

 

未来年表(amazon)

 

rakuten600

 -