手帳と私の生活ブログⅡ

手帳・文具・子供教育についてのいろいろ

フランクリン・プランナーの重みを感じて思うところ

   

フランクリン・プランナーは重い

フランクリン・プランナーファンの皆様こんにちは。
久々にフランクリン・プランナーについて記事を書きたくなったので、最近思ったことを書いてみます。

フランクリン・プランナーは第4世代の手帳と言われています。

単なるメモとしての第1世代。
更にスケジュール管理の要素が加わった第2世代。
目標管理や能率・効率を追求する第3世代とタイム・マネジメント・ツールは生活や社会に応じて進化してきました。

しかし、現代のような複雑な仕事、多様な価値観、将来への不安、ストレスといった状況の中、第3世代ツールではあなたの仕事の生産性を上げ、本当の満足感を得ることは難しくなっています。

フランクリン・プランナーは、このような現代人のニーズに応える「第四世代のタイム・マネジメント・ツール」です。
フランクリン・プランニング・システムという、独自のタイム・マネジメント(時間管理)・システムによって、あなたの計画、実行をサポートし、行動を習慣化することであなたが本当に得たい成果を得るための、ライフ・プランニング・ツールなのです。

はい、難しいですね~。

一言で言えば、「他の手帳とひと味違うぜっ!」って事みたいです(笑)

 

私自身、フランクリン・プランナーに出会って人生が変わりました。
タイムマネジメントの考え方も大きく変わりました。

なので、フランクリン・プランナーには本当に感謝しています。

 

 

しかし・・・

 

如何せん重い・・・(悩)

この「大きさ」と「重み」に幾度となく悩まされてきました。

 

 

「軽い手帳だったら持ち歩くのが楽なのに」
「小さければバッグに入るのに」・・・・

と思うこともしばしばあります。

 

しかし、先日ふと思ったのです。

 

 

「小さいと持ち運ぶのだろうか?」

「軽いと常に持ち歩くのだろうか?」

 

自分自身に問いかけたところ、答えは「」でした。

 

持ち運ばない理由は
「外出先で見ることが無さそうだから」
「外出先で書き込むことがなさそうだから」

 

「今日は職場で見る暇が無さそうだな」という日は家に置いて仕事に行っています。

自分の中で「使うか否か」を判断しているんですね。

 

なので、軽くて小さい手帳でも、「使わないな」と判断すれば持ち歩くことは無いのです。

 

結局、使い方さえ工夫すれば持ち運ぶ理由ができて、常に持ち歩くようになるのでは・・・と考えています。

 

最近少し忙しくて、あまり手帳を活用できていません。

活用できていないと「勿体無いな」「来年は他の手帳にしようかな」と浮気心が芽生えますが、恐らく他の手帳に変えても使わないものは使わないと思います。

 

今持っている宝をどう活かすか!?

少し手帳と向きあう時間が必要なようです。

 

 

 

rakuten600

 - 私の日常