手帳と私の生活ブログⅡ

手帳・文具・子供教育についてのいろいろ

改めて・・・付箋の魅力

   

付箋紙の魅力にハマってみる

今年になって、急に「付箋紙」に愛着が湧いています。

そうです。付箋紙です。
あの、どこにでも売っている付箋紙のことです。

 

付箋紙なんて、どこでも売っているし、100円均一のもので十分。

 

少し前までそう思っていました。

私の付箋紙の主な使い方は、読書をする時に「気になった言葉」や「覚えておきたい事」のマーキングに使っていました。

なので、付箋紙=使い捨て という意識でした。

なので、100円均一の商品しか買ったことがありませんでした。

 

付箋紙への思いが変わった

付箋紙への思いが変わったのは、ジョーブとの出会いです。

 

そう、あのアップルの・・・

 

それはジョブズです。

 

 

私が出会ったのはこちらです。

ポスト・イット ジョーブ

 

これが付箋紙の概念を変えてくれました。
付箋紙を「タグ」として活用できるという事を知りました。

 

それから、一気にポストイットへの思いが強くなり、先日5✕5サイズの付箋紙を購入。
粘着力が2倍の商品です。

使ってみて感じるのは・・・

 

100円均一のものと全然違う!

 

当たり前のことかもしれませんが、本当に全然違いました。

記入するのが楽しくなるくらいテンションが上がります。
(※効果には個人差があります(笑))

 

100円均一の商品が使えない訳ではありません。
使ってみると違いがあるということです。

ただ、たくさん使う時は費用がかさむので100円均一の付箋紙を使いますが、特にフィルムタイプの付箋紙を使うときには「油性マジック」が便利です。

普通のボールペンは見にくいし、消えてしまいます。

 

私はマッキーケア(超極細)を愛用していますが、こちらは相性が抜群です。

マッキーケア

 

ノートを見直しながら付箋をつけておけば、活用できる情報を一発で開くことができます。

 

そして、ついでに付箋の活用本が読みたくなりました(笑)

 

 

rakuten600

 - ノート, 文具, , 私の日常