手帳の魅力を見直してみた

手帳の活用について、色々と考えることがありました。

①仕事用手帳(高橋手帳ービジネス手帳1)はスケジュールとタスクを管理
活用しているが、何となくToDoで終わってる。

②フランクリン・プランナー(母艦)は重くて持ち歩かないことが多い。
何となくスケジュールと日記程度で終わっている。

 

誰しもぶつかる壁かもしれません。。。

「持ち歩かないからフランクリン・プランナーじゃ無くて良いかもしれない」
「軽い手帳に変えたら常に持ち歩くかも」

と頭をよぎりました。

来年の手帳を考える時は、いつも自分自身の手帳の使い方に悩みます。
来年2018年の手帳をどうやって決めよう・・・

手帳の使い方は人それぞれです。

 

自分なりに「手帳って何?」とセルフコーチングしてみました。

手帳って何?

マンダラートにそって書いてみました。

●時間の管理ができる

●覚えておきたいことを書ける

●頭の中を空にできる

●ネタ帳になる

●長期目標を立てられる

●振り返り日記(内省ができる)

●心の管理(思いを書く)

●やりたいことを書いておける

 

と出てきました。

そして、自分が一番重要に感じたものは「やりたいことを書いておける」でした。

やりたい事=理想に近づけるための行動

と定義して、理想を明確にしていきます。

●知識の豊富な自分

●自信のある自分

●経済的に豊かな自分

●オシャレな自分

●運動ができる自分

●パワーがある自分

●優しい自分

●リーダー力のある自分

●英語が話せる自分

・・・など

こういうものが出てくると、「ではそのために何をすべき?」と考えるんですね。

最終的に、
□安定した知識
□身体のコンディション(食事・運動・精神ケア・休息)
□時間管理

・・・おや?

 

これってフランクリン・プランナーの1週間コンパスの内容と似てる・・・Σ(・∀・;)

 

結局、自分の身体・精神のコントロールやコンディション作り、一人の時間を作るための時間管理・・・

すべてフランクリン・プランナーでできるんですね。
(というか、そうできるように作られている)

 

フランクリン・プランナーの「深み」を改めて知りました。

結局、自分自身がフランクリン・プランナーの活用を十分にできていなかった・・・という事です。

手帳の使い方や考え方は人それぞれです。

私の場合は「自分自身の成長の為に手帳を活用したい」と考えているようです。

改めて、来年もフランクリン・プランナーで行く決意を固めました☆

 

 ↓楽天のフランクリン・プランナーショップ☆新商品情報がありました。

フランクリン・プランナー公式通販

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒーと文房具が好きなアラフォー男子
愛用の手帳は『フランクリン・プランナー』

手帳のことを中心に書くつもりではじめたブログが、気づけばこんな形に・・・日常生活を中心に書いています。