キングジム『テフレーヌ』を購入しました

キングジムから発売されているリングノート『テフレーヌ』を近くの文具屋で見かけたので確保しました(笑)
テフレーヌは「書く時にリングが手に触れない」というのがウリのリングノートです。

私は基本的にリングノートが苦手です。

左のページを書く時にリングが当たって非常に書きにくいのです。
もう一つ、左のページから右のページに幅広くページを使おうとする時に隙間があって書けない。

このテフレーヌは、後者は解決できませんが、前者は解決されそうだったので、試しに買ってみました。

 

テフレーヌの特徴は書く時、手に当たらないだけではない!

テフレーヌのもう一つの特徴は「綴じ具が開くからリーフの入れ替えが可能」という点です。
つまり、好きな紙が使えるという事です。

 

私はKOKUYOのドット罫線のルーズリーフを一緒に購入しました。
Campusから出ている「サラサラ書ける」シリーズです。
(「サラサラ書ける」と「シッカリ書ける」が発売されています)

 

また、ルーズリーフにすることで、その後の整理がやりやすくなります。

カテゴリー別に分けてデジタル化(スキャン)したり、ページを入れ替えて後から読みやすいノートとして活用したり、
事前にパソコンでフォーマットを作成しておいて、印刷して使用したり・・・

色々とメリットも大きいのです。

更に、テフレーヌの表紙は折り返すことができます。
こうすることで狭いテーブルでの作業もコンパクトに行うことができます。

リングノートの強みを活かした製品だと思います。
リングノートにしては少し高め!?ですが、耐久性も含めてまた評価したいと思います。

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒーと文房具が好きなアラフォー男子
愛用の手帳は『フランクリン・プランナー』

手帳のことを中心に書くつもりではじめたブログが、気づけばこんな形に・・・日常生活を中心に書いています。