NOLTY「ワイド5」のレビュー

先日、記事にしましたが、今使っている高橋手帳のビジネス手帳1(4月始まり)が使い切りそうなので、NOLTYのワイド5という手帳を購入しました。

NOLTYの手帳は今までたくさん見てきましたが、このワイドシリーズは今まで見落としていました。
NOLTY手帳といえば、『能率手帳ゴールド』のファンのブログを良く見ます。

私は「能率手帳1」を使ったことがありますが、あのガントチャートタイプのカレンダーが肌に合わず、使いにくかった印象だけが残っています・・・(汗)

NOLTYワイド5を気に入ったわけ

NOLTYワイド5のサイズが良い!

プライベートではフランクリン・プランナーを愛用していますが、仕事用手帳はポケットに入るサイズの綴じ手帳を使っています。
仕事では常に持ち歩けるサイズが必要です。

NOLTYワイド5はポケットに入るので、常に持ち歩く事ができます。

 

NOLTYワイド5はブロックカレンダー

手帳によってはガントチャート式などもありますが、私はブロックカレンダータイプでないと管理ができません。
一度ガントチャート式を使ったことがありますが、スケジュールの把握に苦労しました。

もう頭がカレンダータイプでないと理解できないようです(笑)

それから、NOLTYワイド5は1日のブロックが上下で分かれています(真ん中に線が入っている)
午前と午後の予定が一目でわかりそうです。

 

NOLTYワイド5は週間レフト

基本的にブロックカレンダーのページ以外は日付を無視して使っています。

なので、ハッキリ言って、レイアウトは何でも良いのですが、このNOLTYワイド5は細めの罫線(横線)が引いてあります。

□タスク(30分)
□タスク(10分)
□タスク(5分)



 

という感じでドンドン書いていきます。
カッコ内の時間は予想時間を書いておきます。

なかなか時間通りに行きませんが、これをやっておくとスキマ時間を大事にするクセがつきます。

 

タスクが終わったら□を■に塗りつぶします。

何をやったか、何が終わってないか一目でわかるので、仕事がはかどります。

 

NOLTYワイド5はしおり紐が2本

これも当たり前のようで当たり前ではありません。

手帳のしおり紐は2本ないとダメです。

1本はカレンダーページ。
もう1本は最新ページに入れておきます。

 

NOLTYワイド5・・・他に気づいた良いところ

紙質、大きさ、共に好みです。
真っ白の紙ではなく、少しだけクリームがかった色です。
(目に優しい)

まだ記入していませんが、触った感じはすごく良い感じです。

購入にかなり迷いましたが、良い手帳を選択したと満足しています♪

カレンダーが12月からあるので、12月から切り替えて使いたいと思います。
11月は準備を楽しみたいと思います☆

 

NOLTYワイド5

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒーと文房具が好きなアラフォー男子 愛用の手帳は『フランクリン・プランナー』 手帳のことを中心に書くつもりではじめたブログが、気づけばこんな形に・・・日常生活を中心に書いています。