Thinkpad T410のバッテリーを購入しました

先日、ブログ記事にも書きましたが、今使っているThinkpad T410のバッテリーを購入しました。

今まで使っていたバッテリー(4セル?)では1時間弱しか持たず、外で使うにはかなり心細い状態でした。
今回購入したのは9セルバッテリーです。

バッテリーはレノボ純正ではありませんが、容量が大きくなり、前より安心して使うことができるようになりました。

バッテリーには寿命があります。
だいたい300~500回の充電で持たなくなるのが一般的みたいです。
1日に1回充電して、約1年といったところでしょうか?

そう考えると意外と持たないものですね・・・

今回購入したのは「WorldPlus バッテリー」という汎用バッテリーなのですが、パソコンに装着して診断してみると製造者がSANYOと表示されました。
SANYOが作っているようです。

ただ、9セルバッテリーでも私のパソコンでは3~4時間くらいしか持たないようです。
(もう少し持つのかと思った・・・)
10時間くらい持って欲しい・・というのが本音ですが、パソコンが古いのと、Core i5(2.4GHz)と消費電力が大きいので仕方がないのかもしれません。

このバッテリーを購入した時に、「バッテリーを長く持たせるには」という取扱説明書のようなものがありました。

バッテリーを長く持たせるコツは・・・

●0%まで使わない(3%くらで充電すること)

●100%まで充電しない(満充電は負担をかける)

●長期間使わない時は50%以上充電して保管する

みたいです。

つい、毎日充電したくなりますが、電池にとってはあまり良くない方法のようです。
ギリギリまで使って、充電する・・・という方法が一番良さそうです。

Think Padには「省電力マネジャー」というのがついており、バッテリーの充電を制御できる機能が付いています。

90%以下で充電を開始し、97%で充電を止める・・・
という設定が可能です。(便利☆)

この省電力マネジャーにより細かい電源設定が可能なのですが、バックグラウウドで動いているので、このソフト自体が電気を使っているのでは・・・?と疑いたくなります(笑)

電気も無駄なく使わないと・・・と考えさせられました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒーと文房具が好きなアラフォー男子 愛用の手帳は『フランクリン・プランナー』 手帳のことを中心に書くつもりではじめたブログが、気づけばこんな形に・・・日常生活を中心に書いています。