プロフィット21とフランクリン・プランナー

プロフィット21

セーラープロフィット21とフランクリン・プランナーの相性が良かった☆

しばらく休ませていた「プロフィット21」を使い始めました。

プロフィット21

なぜ「プロフィット21」を休ませていたのか思い出せないのですが、細字の万年筆ならボールペンと変わらないな・・・と考えて、使わなくなったのだと思います。

フランクリン・プランナーの罫線が細めで、「もしかしたら合うかも・・・」と思いプロフィット21を使い出すと、それはもう相性バツグンでした(笑)

プロフィット21はフローが安定してとにかく書きやすい!
先端に21金が使われているのですが、伊達に「金ペン」ではありません☆

「さすがセーラー!」と思いながら使っています(笑)

ニブはFを使用していますが、海外製の万年筆と違ってかなり細めです。
細めなのですが、フローが途切れることはなく、ストレスなく字を書くことができます。

ボールペンとは違った書き味は、書く喜びを教えてくれます。
万年筆で書いた時の「感覚」は独特な感じがあります。
腕は疲れにくいし、頭がスッキリします。

気分によって「ボールペンでいいや」と思う時期もありますが、万年筆にしかない魅力がありますね。

改めて万年筆の魅力にハマっています。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒーと文房具が好きなアラフォー男子 愛用の手帳は『フランクリン・プランナー』 手帳のことを中心に書くつもりではじめたブログが、気づけばこんな形に・・・日常生活を中心に書いています。