CORONAのシーズヒーターがスゴイ!

CORONAのシーズヒーターを買いました

暖房器具のシーズヒーターを購入しました。
シーズヒーターとは高い遠赤外線放射と、破損しにくい金属製の発熱体でできています。
カーボンヒーターと同じく、スポット暖房としてですが、 遠赤外線放射量がカーボンヒーターより高く、発熱体が破損しにくいという特徴があります。

また、シーズヒーターは「コアヒート」「メタルヒート」「セラムヒート」「ステンレスヒーター」など、 この金属管にコーティングしているものの違いによって、各社独自の商品名がついています。

我が家が購入したのはCORONAのコアヒートという商品です。

正直、買う前はかなり迷いました。

普通のカーボンヒーターは安いものでは2000円台からあります。
しかしこのコアヒートは約2万円。

ただのスポット暖房にこんなに高いお金を出すのか・・・

部屋全体を温めるのならまだしも、暖まるのは暖房器具の前だけ。

しかし、amazonのレビューはかなり高い!

色々と迷いましたが、結局暖房能力の高さと電気代の効率を考えて買うことにしました。

 

結果、買ってよかったと思っています。

遠赤外線が人に吸収されやすい赤外線になっており、かなり暖かくなります。
Maxだとかなり熱くなりますので、注意が必要なくらいです。

半分の5~6程度で十分に温まることができます。

ただ、一つだけ難点があります。
ハイパワーにしておけば金属の棒が赤くなりますので「点いてるな」とわかるのですが、半分くらいのパワーだと金属の棒は黒のままなので、外観で点いているかどうかがわかりません。

今のところ大丈夫ですが、いつか「アツッ!」ってやりそうです(笑)

寒い時期はそろそろ終わりますが、シーズヒーターおすすめです☆

 

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒーと文房具が好きなアラフォー男子 愛用の手帳は『フランクリン・プランナー』 手帳のことを中心に書くつもりではじめたブログが、気づけばこんな形に・・・日常生活を中心に書いています。