ノート 文具 日常生活

今度のRHODIAは綺麗に切れない!

私は持ち歩きメモにRHODIAとPetit1というペンを愛用しています。

RHODIAは数年間使ってきたので、とても愛着があり、周囲にもオススメしているのですが、今使っているRHODIA No.12の切れが悪い事に腹を立てています。

RHODIAの切れがこれほどまでに悪いのは初めてで、非常に残念な思いをしていますが、私だけではないようです。

妻も最近RHODIA No.12を使っていますが、「真っ直ぐに切れない」とボヤいていました。

ネットで検索すると「RHODIAの紙のキレイな破り方」というのがありましたが、試してみても効果は同じでした。

今までこのような困った事態は無かったので、一部の不良品に当たった可能性がありますが、RHODIAはしばらく使うのを控えようと思っています。

 

RHODIA以外のメモ

最近はコクヨから「大人キャンパス」のメモ帳が発売されています。
こちらは紙質、方眼の色、ともに好感が持てるものとなっています。

 

また、以前使っていたニーモシネも個人的には大好きなので、こちらに切り替えて行こうと思います。
やはり最後はMade in Japan・・・ということでしょうか(笑)

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-ノート, 文具, 日常生活

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.