【閲覧注意】シロアリが家に出た!|シロアリ業者に聞いた話をまとめてみる

家の中にシロアリ!?

※虫が苦手な方、ごめんなさい。苦手な方は見ないでください!

 

 

数日前から小さな茶色の虫が部屋の中で次々に見つかりました(次々とは言え、4匹ほどです)
妻が「この虫なに?」と聞いてきましたが、見た感じ何の虫かわかりません。

家の中で見るとしたら、クモやゴキブリの赤ちゃん・・・?と考えましたが、ちょっと違う。

・・・もしかしてシロアリ??

早速ネットで調べてみました。

シロアリって「白い」というイメージがありましたが、茶色なんですね(汗)
写真と見比べて「シロアリだ!」と判明。

シロアリの大きさは約5mm程度、羽を落として“つがい”で動くことがあるそうです。

我が家は新築で家を建て、毎年シロアリ業者にチェックしてもらっています。
きちんとシロアリ対策を行っているつもりなのですが、不安になって業者に電話しました。

業者に電話をかけた日が6月2日だったのですが、電話すると「5月30日に飛びましたからね・・・」という返事・・・

『ん?シロアリってPM2.5みたいに「飛んだ」とか「飛んでない」とか、わかるの?」と心の中で思いましたが、そんな予報があるなら教えてほしかったです(笑)

親切な業者で、「すぐに向かわせます」と言われ、来てくれました。




 

シロアリ専門家の話をまとめてみる

私が電話して20分後には来てくれました(たまたま時間が空いていたようです)

家の中で見つかったシロアリは基本的にすぐに死んでしまうそうです。
シロアリは水分が無いと生きていけない虫で、乾燥した室内では長く生きることができないという事でした。

なので、室内で見ても心配する必要はなく、シロアリが巣を作っているとは言えません。

我が家は家を建てた時にシロアリのバリア工事を施しているので、心配はないとの事でした。
ただ、その薬も効き目は5年なので、5年ごとのメンテナンス(予防の薬を使用する)は必要との事でした。

シロアリが飛ぶのは6月の湿った時期。
電柱などの明かりに集まるので、飛んでいるとすぐにわかるそうです。

シロアリが飛んでいる動画はこちら

ただし、そのシロアリのほとんどは死んでしまい、切り株など水分の多い場所があれば、そこから地面に潜って巣を作るらしいです。

なので、家で巣を作るとしたら、ある程度『水分のある場所』という事になります。

コンクリートの下(コンクリートの亀裂から入り込んで、家の下に巣を作り、そこを拠点として家の木材を食い散らす・・・)という事もあるので、家のメンテナンスはきちんとやっておいた方が良いという事でした。

家の中で気を付けないといけない場所は、『ベランダ』や『玄関ポーチのコンクリートの下』『家の外周(木があれば注意)』などがあり、巣を作って3~5年くらいかけて家の木を食べ、ボロボロになったら飛んでいく・・・というサイクルがあるようでした。

とりあえず、話を聞いて安心しましたが、定期的な家のメンテナンスやシロアリチェックは欠かせずすべきだと思いました。

業者の話に騙されているような気もしますが、不安を抱えながら生活するくらいなら、きちんとメンテナンスしておいた方が良いですよね。

業者の方が、自分の経験を話してくれましたが、過去にはゴミ袋3つ分くらいのシロアリが出たこともあるそうです。(想像しただけで恐ろしいですよね)

ちなみに、シロアリ予防の費用は2000円/㎡。80㎡くらいだと約16万円だそうです。

決して安いとは言えないのですが、5年間の保証も付くし、家が食いつぶされるくらいなら安いと思います。(5年に1回ですしね)

虫で朝からドタバタしましたが、おかげで色々と勉強になりました。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒーと文房具が好きなアラフォー男子 愛用の手帳は『フランクリン・プランナー』 手帳のことを中心に書くつもりではじめたブログが、気づけばこんな形に・・・日常生活を中心に書いています。