愛知(名古屋)に旅行に行ってきました(食べ物編)

リフレッシュ休暇を使って、家族旅行に行ってきました。
今回の旅行は「愛知県(名古屋)」です。

生まれてはじめての名古屋でしが、まずは今回名古屋旅行で食べたものをご紹介したいと思います。

名古屋と言えば、「味噌カツ」「味噌煮込みうどん」「きしめん」「小倉あん」が有名ですよね。
元々詳しい方ではないのですが、何となく「濃い」というイメージがあります。

味噌煮込みうどんはマズイ!?

名古屋に到着した1日目、お昼ご飯に「味噌煮込みうどん」を食べに行きました。
ガイドブックにも載っている「山本屋総本家」といううどん屋さんです。

http://yamamotoya.co.jp/

「味噌煮込みうどん」が1杯1500円前後という、冷静に考えれば「ボッタクリ」値段なのですが、観光地でそんな細かい事を言ってはいけません。
伝統的な味をこの値段で、ありがたく味わえると考えるべきなのです(笑)

生まれて初めて味噌煮込みうどんを食べた福岡の人間の感想です。

「はっ?マジ?」
「作り方間違ってない?」

1500円という値段と目の前にある物体のギャップに頭が整理できずにいました(汗)

まず、うどんの汁は味噌を煮込んだ「苦み」さえ感じるような濃さ。
これは地域の好みがあると思われますので、200歩ほど譲るとします。

しかし、この中に入っている「麺」には更に驚かされました。

「半煮え?」と思わせるような堅さと粉っぽさ。
弾力が無く、ポリッと折れるような感覚です。

お世辞にも「おいしい」とは言えない代物でした。
「麺」というよりは、「細長い団子」と理解して食べないと耐えられません。

具の量も少ないし・・・

不満タラタラの結果に終わりました。

正直、初日にこのうどんは辛かったです。
ガイドブックに騙された自分たちを恥じました。

串カツ・手羽先など鳥料理

1日目の夜はホテル近くの居酒屋に行きました。
「串たつ」というお店です。

お昼に失敗していたので、恐る恐る選びましたが、こちらの居酒屋は大成功でした。

焼き鳥や味噌煮込み串カツ、手羽先・・・などどれを食べても美味しかったです。

名古屋駅周辺は居酒屋の激戦区で、ものすごい数のお店ががあります。
お客さんも比較的埋まっており、美味しそうなお店がたくさんありますので、ガイドブックに頼らなくても良いかと思いました。

グーグルマップのクチコミはかなり参考にさせていただきましたが・・・(笑)

とにかく良かったです。

 

きしめんと味噌カツ

はい。
こちらも食べてきました。

名古屋コーチンを使った「きしめん」と「味噌カツ丼」

1日目に食べた「味噌煮込みうどん」と違って、きしめんは普通のうどんっぽくて美味しかったです(笑)
特徴が無いと言われればそれまでですが、薄味で仕上げたスープと平たいこしのある麺はほっとさせてくれます。

「味噌カツ丼」はその名の通り、味噌カツが乗ったドンブリです。
予想通り・・・という味でした。

濃いめの味噌(赤味噌)で味付けられたカツでした。
地元の人には愛されている味なんだろうな・・・と思いましたが、私はトンカツソースの方が馴染みがあって好きですね(笑)

地元の味を楽しむことができました。

 

その他

その他は「レゴランド」で食べたホットドック、ハンバーガー
「駅ビル」で食べた「パンケーキ」など。

レゴランドでの食べ物はノーコメントです(想像にお任せします)
「食べ物」と言うよりは「胃の中を満たすもの」と私は理解しています。

見た目の「スポンジ感」が半端なく、見てるだけで気持ち悪かったです(笑)

ハンバーガーはペチャンコのマック風です。

駅ビルの「クリントンストリートベイキングカンパニー」というお店のパンケーキ屋はパンケーキですごく有名なお店らしく、期待を外さず美味しかったです。

値段も結構しますが・・・(飲み物が1杯800円(単品注文時)という表示を見たときは驚きました)

セレブな気分を味わってきました(笑)

全体的に、感動するほど美味しいものには出会えませんでしたが、名古屋の食を楽しむことができました。
この歳になると舌も肥えて、なかなか「感動する程旨い」という物には出会いませんね。
期待以上か、期待通りか、期待以下か・・・そんな観点で評価してしまう自分がいます(贅沢)

でも、普段食べれないものを味わえて楽しかったです。
色々食べたので、旅行中は常にお腹いっぱいでした(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒーと文房具が好きなアラフォー男子 愛用の手帳は『フランクリン・プランナー』 手帳のことを中心に書くつもりではじめたブログが、気づけばこんな形に・・・日常生活を中心に書いています。