レゴランドに行ってきました(愛知、名古屋旅行)

レゴランドに遊びに行ってきました

レゴランドは今回の旅行のメインになります。

行く前はネット上で不評だったので不安だらけでしたが、行ってみると予想以上にレゴの世界観の完成度が高く驚きました。

まず、名古屋駅から「あおしま線」という路線の電車に乗ります。
名古屋駅から30分くらいだったと思います。

あおしま線の「金城ふ頭駅」を降りてから、歩いて10分くらいの所にレゴランドがあります。
駅からレゴランドホテルが見えているので迷うことはありません。

レゴランド周辺には美味しそうな食べ物屋さんが並んでいました。

レゴランドは再入場ができないので、何かを食べるなら中で食べるしかありません。
(ちょっとこの辺は不満です・・・中は高いしマズイし・・・)

年間フリーパスを持っている人は絶対に外で食べると思います(笑)

入場門付近に行くと、目の前はレゴの世界が広がっていました。
(この瞬間が一番感動したかもしれない・・・)
期待していなかった分、「おおー!スゴイ!」ってなりましたよ(笑)

9時半に開門され、喜んで中に入りましたが、乗り物エリアは10時からなので、エリア前でまた並ぶ・・・という感じです。
30分間は売店を見たり、飾ってあるオブジェで写真を撮ったりして時間をつぶします。

全てがレゴ・レゴ・レゴです。
当たり前と言えばそれまでですが、置いてあるもの全てがレゴブロックでできているので、その完成度の高さに驚かされます。

そして、色の使い方がいい!
原色を基本として、元気の出る色(!?)がパッと目に飛び込んできます。

夏休みでしたが、平日だったので、一つ一つのアトラクションに並ぶ時間が短くてすみました(長くても30分くらいの待ち時間でした)
USJのように「ファストパス(いくつかのアトラクションを優先的に乗れる券)」があるかどうか知りませんが、必要なかったです。

レゴランドの従業員の方も「今日は少ない」と言われていたので、ラッキーだったのかもしれません。

USJやディズニーランドよりも小さいので、一日あれば遊びきれるくらいの場所でした
(人が少なかったので、言えるのかもしれませんが・・・)

対象年齢は小学生くらいまでがちょうど良い気がします。
中学生になるとアトラクションが物足りないと思います。

ネットで評価が低かったので、心配していましたが、フタを開ければ息子(小学3年生)に合った遊び場だったので、良かったです。

近くだったら年間パスポート買って、遊びに行きたいような場所でした。

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒーと文房具が好きなアラフォー男子 愛用の手帳は『フランクリン・プランナー』 手帳のことを中心に書くつもりではじめたブログが、気づけばこんな形に・・・日常生活を中心に書いています。