NOLTY(能率手帳) フランクリン・プランナー 手帳

2019年の手帳 NOLTYリスティ1 始動

NOLTY リスティ1を使用開始です!

気が付けば12月になっていました
早いですね・・・(汗)

 

この時期は毎年、来年の手帳妄想でワクワクする時期なのですが、
今年は忙しくてワクワクする暇が無く、あっという間にこの時期が来てしまいました(汗)

 

来年の手帳はフランクリンプランナーをやめて「NOLTYのリスティ1」を使うことにしています。

 

NOLTYリスティ1手帳の特徴

NOLTYリスティ1は「方眼」(スクエア)を主体としたページ作りで有名な手帳です。

サイズに特徴があり、A4を約1/3にしたサイズで、縦はA4とほぼ同じ幅になります。

なので、A4の用紙を3分の1にして持ち運ぶのに適しており、筆記面が広いのが特徴です。

ビジネスマンには使いやすい手帳サイズになります。

私も実際に使ってみて、想像以上に広い筆記面が確保されていることに驚いています。

 

スポンサーリンク

 

 

今まで愛用していたフランクリンプランナーはシステム手帳なので分厚かったのですが、
NOLTYのリスティ1は綴じ手帳で薄いので荷物の隙間に滑り込ませて持ち歩けます。

やっぱり軽量化って大事なんだなぁ・・・

とつくづく感じています。

 

来年は手帳を毎日持ち歩くことが目標です☆
(フランクリンプランナーは重くて持ち歩く事を断念していましたから・・・(汗))

 

NOLTYリスティ1と併用して使うもの

NOLTYのリスティ1の始まりは12月からになっていますので、今月から使い始める事ができるようになりました。

今まで「毎年使う情報」は別ノートにしていましたが、今年からOneNoteのアプリを使ってみることにしました。
スマホはいつも持ち歩いているし、パスワードの設定もできるので意外と便利です。

 

リスティ1に「フランクリンプランナーのシステム」を何とか組み込みたいので、配置を考えました。

  • 月のタスクは月刊カレンダーの端に□を書いて書く
  • 1週間コンパスタスクはウィークリー(バーチカル)の所に書く
  • 日々のタスクはバーチカルの上下に書く
  • 日々の日記はバーチカルの下部分に書く

と決めました。

 

 

色々と思考をまとめたいときは、後ろに挟んでいる「カ.クリエ」のノートを使うことにしました。

カ.クリエもA4サイズを3分の1にしたサイズなので、リスティ1にピッタリ挟まります。
(この組み合わせは本当にオススメ!)

「1週間コンパス」や「タスク」を記入していくと、
「フランクリン・プランナー」のシステムを導入したリスティ1の出来上がりです☆

 

バーチカルタイプをうまく利用できるか自信がありませんが、活用できるよう努力していきたいと思います。

 

NOLTY リスティ1は毎年売り切れ必至なので、早めの購入をオススメします☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゆうパケット対応可/2020年 能率協会NOLTY リスティ1(ブラック) 6501
価格:2030円(税込、送料別) (2019/9/22時点)

楽天で購入

 

 

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-NOLTY(能率手帳), フランクリン・プランナー, 手帳

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.