オシャレな爪切りを手に入れました☆

爪切りもカッコつける時代に??

爪切りも時代と共にずいぶんオシャレになったものですね~

最近、新しい爪切りを手に入れましたのでご紹介します。

自宅で使っている爪切りは、昔からある「貝印」の爪切りです。
いわゆる「普通の」爪切りなのですが、今回手に入れた爪切りは「缶のケース」に入っていました。
缶ケースに入っている爪切りなんて見たこと無かったです・・・

ネットでいろんな爪切りを見てみましたが、最近は本当にたくさんあるんですね!

「匠の技 爪切り」(アマゾン1位)

 

「プレミアム 爪切り」

 

「ネイルニッパー」

・・・など

見たこともない爪切りがずらりとありました。

今回私が手に入れたのはSZQHTというメーカー?(なんて読むのかな?)の爪切りです。

個人的には質感もよく、切れ味も良いので好印象なのですが、「爪を切る」という行為さえも「体験」なんだな・・と感じさせられました。

「爪が切れれば良い」というだけでなく、「この爪切りを使って爪を切る」という行為が「ケアをしている」という意識になり、日常の体験として残ります。

100円均一の爪切りでも爪は切れますが、それとは違う体感を味わうことができます。

この爪切りを使って、何だか少し良い体験をしたような感覚になりました。

コーヒーを飲むのに「コンビニの100円コーヒー」で済ませるか、「スタバでコーヒーを飲むか」・・・みたいな違いですかね(笑)

ちょっと男っぽいデザインなので、男性にプレゼントする商品としても良いですね☆

 


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

手帳や文具が好き。 『フランクリン・プランナー』を10年近く愛用していましたが、持ち歩きが辛くなり、2019年からNOLTYのリスティへ変更。 最近手書きの良さを改めて実感している。