日常生活

「金麦」赤・青・白(ビール)を比較してみました

金麦の赤・青・白を買って違いを確かめてみました

 

普段あまりお酒は飲まないのですが・・・
『金麦』に3種類あるのが気になって飲み比べてみました。

金麦

 

赤の金麦

写真の一番右の「赤の金麦」ですが、
こちらは「アルコール6%」と3つの中で一番高いアルコール度数です。

キリンのビールほどではありませんが、3種類の中では苦味が一番強かったです。

一番コクを感じたのも「赤の金麦」でした。

ビールが好きな人は「納得の味」だと思います。
(あまり飲まない私が言うのも説得力がありませんが。。。)

 

「スッキリ飲む」というよりは、「苦味を楽しみながら飲む」という方にオススメです。

 

青の金麦

写真の一番左にある「青の金麦」

薄めのスッキリしたビールが好きな人にはおすすめですが、
苦いビールが好きな人には物足りない味だと思います。

赤の金麦を飲んだ後だったかもしれませんが、味が薄く感じました・・・

他のメーカーにはもっと薄く感じるビールもありますが、
期待を超えない味と言いますか・・・

アルコール度数は5%と標準的な度数です。

「キリンののどごし生」より苦味の少ない、スッキリさを感じたビールでした。

 

白の金麦

「糖質75%OFF」と書かれた身体に良さそうな金麦です。

アルコール度数は4%と3種類の中で一番低めです。

他のビールを飲んだ後だと「薄っ!」と思います。
青の金麦より更に薄い味です。

はじめから最後までずっとビールを飲む人は、
後半に飲んでも苦味が少なく、飲みやすくて良いのかもしれません。

健康に良い・・・という点を考えると悪くない選択だと思います。

 

結局どの金麦が良い(美味しい)のか?

全体的な感想として、飲むなら「赤の金麦」をオススメします。

 

「青の金麦」は、赤の金麦を飲んだ後でしたが、違和感が強かったです。

「白の金麦」は飲みやすいので軽く飲みたい時にオススメです。

 

ビールとして楽しむなら「赤の金麦」ですね。

キムタクが好きなら「青の金麦」ですね(CMやってますもんね(笑))

 

ビールの苦味が苦手で、特にこだわりが無い人には断然「白」ですね。
(苦味が少なくて飲みやすいです)

 

ということで、家でビールを楽しみましょう♪

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-日常生活

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.