「金麦」(ビール)を比較してみました

サントリー金麦

普段あまりお酒は飲まないのですが・・・
『金麦』に3種類あるのが気になって飲み比べてみました。

赤の金麦

写真の一番左の「赤の金麦」ですが、こちらは「アルコール6%」と3つの中で一番高いアルコール度数です。
キリンのビールほどではありませんが、3種類の中では苦味が一番強かったです。

一番コクを感じたのも「赤の金麦」でした。

ビールが好きな人は「納得の味」だと思います。
(あまり飲まない私が言うのも説得力がありませんが。。。)

 

青の金麦

写真の一番右にある「青の金麦」

正直言って、ビールが好きな人には物足りない味だと思います。
何となく薄く感じるんですね・・・
もっと薄く感じるビールもありますが、期待を超えないと言いますか・・・

期待値を超えない商品だと思います。

アルコール度数は5%と標準的な度数です。

白の金麦

「糖質75%OFF」と書かれた身体に良さそうな金麦です。

アルコール度数は4%と3種類の中で一番低めです。
他のビールを飲んでいると「薄っ!」と思います。
青の金麦より更に薄いです。

ただ、ずっとビールを飲む人は後半に持ってくると飲みやすく良いのかもしれません。

健康に良い・・・という点を考えると悪くない選択だと思います。

 

結局どの金麦が良いのか?

全体的な感想として、飲むなら「赤の金麦」をオススメします。

「青の金麦」は個人的にはちょっと違和感が強かったです。
「白の金麦」は飲みやすいので軽く飲みたい時にオススメです。

ビールとして楽しむなら「赤の金麦」ですね。

キムタクが好きなら「青の金麦」ですね(CMしてますもんね(笑))

ビールが弱く、こだわりが無い人には断然「白」ですね。
(苦味が少なくて飲みやすいですし・・・)

 

ということで、どうでも良い話に付き合って頂きありがとうございました☆


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

手帳や文具が好き。 『フランクリン・プランナー』を10年近く愛用していましたが、持ち歩きが辛くなり、2019年からNOLTYのリスティへ変更。 最近手書きの良さを改めて実感している。