FUJITSU LIFEBOOK AH56/HのHDD(ハードディスク)をSSDへ交換

SUMSUNG_860EVO

格安で手に入れた「FUJITSU LIFEBOOK AH56/H」をSSD化するためにSSDを購入しました。
今回購入したのは「Samsung SSD 500GB 860EVO 2.5インチ内蔵型」という製品です。

SAMSUNG_SSD

アマゾンで検索するとSSDもかなり数があります。
以前と比較してかなり安くなっていますし、性能も上がっています。

少し前まで120Gのサイズで1万円前後でしたが、今では500Gが1万円を切ります。
すごい時代になったなぁ・・・と感じます。

このSamsung SSD 500GB 860EVO の強みは「耐久性」です。
スピードだけでなく、他の製品より耐久性を売りにしています。
エラーも少なく、パソコンのクローン化するときのソフトも良さそうです。

では、交換手順に入ります。

FUJITSU LIFEBOOK AH56/HのHDD(ハードディスク)をSSDへ交換

まず、HDDのデータをSSDに移します。(クローン作成)
Samsungのホームページからクローンソフトをダウンロードしてきます。

SAMSUNG MAGICIAN(クローンソフト)
※SUMSUNGのSSDにしか使えません

外部接続が必要になりますので、パソコンのUSBとSATAを接続します。
(接続コードを持っていない方は別途購入が必要になります)
私は以前持っていた商品を使いました。

基本的にCドライブを一つのストレージに入れる感じです。
HDDはパーティション分割してクローン作成をしていましたが、SSDになってからパーティション分割は行いません。

価格.comの口コミにもSSDのパーティションについてもアンチな意見が多いですね。
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0000165500/SortID=12277868/

好みだと思いますが、個人的には面倒なので・・・SSDをそのまま使います。

Samsungのクローンソフトの使い方はこちらのサイトを参考にしました。

Samsung Data Migrationを使ったHDDコピーの方法

クローンを作成し終わったらパソコンの電源を落とします。
ノートパソコンのバッテリーを外してHDDとSSDを交換するだけです。

LIFEBOOK AH56/H LIFEBOOK AH56/H

約1時間ほどで交換は終了します。

立ち上がりの時間の比較です。
Before(HDD):1分40秒
After(SSD):12秒

ソフトの立ち上がりも一瞬で立ち上がるようになりました。
簡単にパソコンの性能を上げることができますし、毎回時間を無駄にすることも無くなります。

HDDを使っている方はSSDへ交換することをおすすめします☆

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

手帳や文具が好き。 『フランクリン・プランナー』を10年近く愛用していましたが、持ち歩きが辛くなり、2019年からNOLTYのリスティへ変更。 最近手書きの良さを改めて実感している。