ボールペン 文具

ブレン3Cを使った感想~レビュー~

「ブレン3C」を使ってみました

ゼブラから発売されている「ブレン」に新しくブレン3Cという3色ペンが発売されました。

 

“ストレスフリー”な書き心地を実現。
筆記時に生じる振動を制御した、これまでにない新しい3色ボールペン
『ブレン3C』 2020年3月16日(月)発売

 

 

ブレンの特徴

「ブレン」という名の通り、ブレにくいボールペンを設計されています。

ボールペンの「リフィル(芯)」と「本体の固定」のブレを最小限にするために、
様々な構造上の工夫がされているようです。

ブレン3C

 

=説明文はこちら=

従来のボールペンは、書く時に紙とペン先が接触するとその力がボールペン内部にある隙間に伝わり、微細な振動(ブレ)が発生していました。

その振動がペンを持つ指に伝わり、気づかないうちにストレスを与えていました。

ゼブラはこの振動に注目し、機構を工夫して振動を制御することで、ストレスフリーな書き心地を実現した「ブレンシステム」を開発。

この機構を搭載し2018年12月に発売した単色ボールペン「ブレン」はその書き心地が多くのユーザーに支持され、初年度500万本を販売しました。

今回発売する『ブレン3C』は「ブレンシステム」を搭載した3色ボールペンです。

従来の3色ボールペンは、構造が複雑なため筆記時の振動がより大きいことが欠点でした(当社比)。

『ブレン3C』は1本で3色使える利便性はそのままに、筆記時の振動を制御しストレスフリーな書き心地を実現しました。
新生活の始まりに、持ち物や気持ちをすっきり整えるのにぴったりな1本です。

 

ブレン3Cの特長

ブレン3C」は基本的にブレン(単色)の3色版です。
筆記振動を防ぐブレンシステムを多色ボールペンに応用しています。

①ノイズフリー設計:各パーツの隙間をなくしたことで、ペン先のブレを防ぎます。

②低重心:ペン先端に金属パーツを取り付けることで重心を下げ、筆記のブレを防ぎます。

③ダイレクトタッチ:中芯をボディの先端でホールドし、ペン先のブレを防ぎます。
1本で3色使えるのに、スリムなボディ。
従来の単色のブレンと同サイズを実現しました。

 

ノックにもこだわりの設計

 

①背面ノック採用:
使用頻度が高い黒インクのノックを他の色のノックより大きくし、
クリップ反対側の押しやすい位置に配置しました。(←これが意外と押しにくい)

②やわらかいラバー製:
ノック解除時の衝撃音を軽減し、触り心地も良くしました。

③デザイン:
佐藤オオキ氏率いるデザインオフィスnendoと協業し、
ストレスフリーな書き心地を、ボディデザインで表現しました。
低重心な内部設計に合わせ、外観はしっかりと握りやすく、
長時間使用しても疲れにくい本体形状にしました。
繋ぎ目がない、シームレスなデザインなので、
男女問わず使用しやすいデザインです。

 

 

ブレン3Cを使ってみた感想

普段私は「ジェットストリーム」や「エナージェル」を愛用しています。

今回初めて「ブレン」を使用しました。

 

正直言って、「他のボールペンと大差ないかも・・・」と思いました。
(私の神経が鈍いだけなのかもしれません)

 

「ブレにくい構造になっている」という点はわかりますが、
他のボールペンでもさほど「ブレ」を感じません。

「書きやすい」と書かれていますが、
ジェットストリームエナージェルも書きやすいので・・・

「低重心」とありましたが、もともとそんなに重い設計ではないので、
記載時に「おお!」と思うほどではなかったです。
持って揺らしてみると「確かに先端のほうが重く作られているな」と感じます。

 

総じて言うならば、

「意識すれば説明ある特徴は何となくわかるけど、意識しないと他のものと大差ないと思う」というレベルです。

 

ここまで読むと、何となく批判的に聞こえるかもしれませんが、全体的に書きやすいのは事実です。

記入する時のダマもできにくいですし、カスレもありません。

長時間書いても負担の少ないペンに仕上がっています。

字の太さは「0.7mm」にしては細目です。
エナージェルの0.5mmより細いと思います。

 

ブレンの欠点

「ブレン3C」での不満点を上げるなら・・・

「メインのノック(黒)」をなぜあのデザインにしたのか?
正直言って、ノックしにくいです。

「色」が付いていないので、直感的にわかりにくいです。
(ちょっと「黒色」がほしかったです)

ブレン3C

 

ラバー部分も白なのは、気になります。
すぐに汚れると思います(笑)

 

まとめ

全体的には良いボールペン(エマルジョンインク)だと思います。
「書きにくい」とは感じませんでしたし、インクの発色も良いと思いました。

(エマルジョンインク:油中水滴型のインクで、油性インク7割に対し水性インクが3割の割合で混ざっており、従来の油性にはない滑らかさを持っている)

ただ、他のメーカーの商品と大差ないと思いました。

 

あえて他と「差」を感じるなら特徴的なデザインかもしれません。
(ブレンのデザインはオシャレですよね)

のように、要は「好み」なのかな・・・とも感じます。

 

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-ボールペン, 文具

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.