日常生活 電化製品

除湿機が1台あると生活が変わるのでおすすめです

日本の気候には除湿機があると良い

日本の気候は、暖かくなってくると気温だけでなく、湿度も上がってきます。
梅雨時期や夏を快適に過ごすために「湿度のコントロール」が注目されています。

除湿性能を持つ家電は、「除湿機」と「衣類乾燥機」があります。
どちらも除湿機能が付いていますが、中の機構が違うようです。

除湿機は、口コミを見てもわかるように、

「もっと早く買えばよかった」
「買ってから生活が楽になった」
「窓ガラスのカビが無くなった」
「洗濯物の乾きが早く、臭くなくなった」

など、評価が高い家電です。

 

除湿機と衣類乾燥機の違い

私も除湿機と衣類乾燥機が違うとは知りませんでした。
ネットで調べてみたところ・・・

除湿機:室内の湿気を取り除く家電

衣類乾燥機:除湿機能に加えて、送風機能が搭載された家電

のようです。

なので、基本性能は同じであり、除湿機に「ファン」がつくと「衣類乾燥機」という分類分けがされているようでした。

 

除湿機の機能別分類

除湿機は除湿を行う方式によって分類されています。
「コンプレッサー方式」「デシカント方式」「ハイブリッド方式」の3つの方式があるようです。

コンプレッサー方式の除湿機

コンプレッサー方式の除湿機は、機械の内部に「コンプレッサー」という湿った空気を冷やして除湿を行う方法をとっている機械を言います。
エアコンの除湿機能もこちらの方式で、メリットは「電気代が安い」「温度上昇が少ない」というメリットがあるようです。

夏場に向いている方式です。

 

デシカント方式の除湿機

デシカント方式の除湿機は、機械の内部に「フィルター」と「ヒーター」を搭載している作りになっています。
メリットはコンパクトで軽量であり、稼働音が小さいのがメリットです。
ヒーター搭載なので、電気代がコンプレッサー方式に比べて高く、温度が上昇します。

冬場の結露防止や衣類乾燥に向いている方式です。

 

ハイブリッド方式の除湿機

ハイブリッド方式の除湿機は、コンプレッサー方式とデシカント方式をあわせた機能を搭載しています。
夏場は電気代が安くて温度上昇が少ないコンプレッサー方式の機能を使い、冬場は温度上昇のあるデシカント方式の機能を使います。

本体価格は高いですが、通年使用するなら、ハイブリッド方式が最もお得です。

 

除湿機は能力で選ぶ

一概に除湿機と言っても、能力(パワー)の違いがあります。
自分の住んでいる家の広さや用途に合わせて購入する必要があります。

木造と鉄筋でも除湿能力が異なりますので、その辺りの確認をおこなってから選択することをおすすめします。

 

除湿機のタンク容量

除湿機は空気中の水分を集めてタンクに貯めていきます。
タンク容量が多ければ水を廃棄する手間が少なくてすみます。
ただし、捨てに行く時に重くなるので、単に「大容量が良い」というわけではありません。

商品をみると、3L~4Lが主流ですので、購入時はさほど気にしなくてもよいかもしれません。

 

除湿機のおすすめ5選

除湿機はたくさんのメーカーから発売されていますが、特におすすめの除湿機をご紹介します。

 

アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 ホワイト IJD-I50 

2.5Lのタンクを搭載し、ファンの角度が変えられるタイプの衣類乾燥除湿機。
1日最大5Lまで除湿できる高性能除湿機でもあり、衣類乾燥にはもってこいの性能を備えた除湿機です。

価格も他のメーカーと比較して安く、コストパフォマンスに優れた商品です。

我が家もこの製品を購入して使っています。

 

過去の記事はこちらです


アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機(IJD-I50)が良いのでおすすめ

 

パナソニック衣類乾燥除湿機 F-YHRX200

ハイブリッド方式の衣類乾燥除湿機。
約5Lの大型タンクを搭載し、消臭・除菌機能も付いています。

価格は高めですが、節電やカラットセンサーなど通年使用できる機能が搭載されており、高機能を求める方におすすめです。

 

ダイキン 「クリアフォース」MCZ70W-T

除湿機能に加え、加湿機能・空気清浄機能が搭載されている「オールマイティー」な製品。
1年を通して使用できる1台3役の製品です。

稼働時は「アクティブプラズマイオン」が放出され、アレルギー誘発物質の除去や衣類の脱臭効果が期待できます。
また、フィルターは集塵用フィルターと加湿フィルターが搭載され、寿命は共に10年となっています。

長期的に愛用できる製品になっています。

 

三菱 衣類乾燥除湿機 MJ-180MX-W

ムーブアイの機能が付いており、狙った方向に送風できる部屋干しに適した除湿機です。
タンク容量は3Lと十分であり、フィルターには「銀イオン抗アレルフィルター」と「プラチナ抗菌フィルター」を採用しており、抗菌機能も期待できる製品です。

 

シャープ 衣類乾燥除湿機 CV-J180

プラズマクラスターイオンがウリのシャープの製品です。

衣類の乾燥運転終了後にプラズマクラスターイオンを継続して出し続ける「臭い戻り対策」運転も搭載されています。

タンク容量は4.5Lと十分あり、ハンドル付きのタンクで、持ち運びを簡単に行えます。

 

 



  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-日常生活, 電化製品

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.