小物 日常生活

A4サイズ縦型のバッグインバッグがおすすめ

縦型のバッグinバッグって便利

 

「バッグインバッグ」って便利ですよね~
最近、新しく「縦型」のバッグインバッグを使い始めました。

 

『横型』のバッグインバッグはプライベートで使っていたのですが、
「縦型」が使い出すと意外と便利で、助かっています。

 

縦型のbag in bagは効率が上がる

私は仕事中、A4サイズが入る「トートバッグ」を使っています。

「ノート」や「ポメラ」、「本」「ペンケース」などを入れて持ち歩いています。
そして、それらの中身は自宅に帰るときは、『中身だけ』リュックに移し替えて持ち帰っています。

自宅でも仕事をするかもしれないので、中身だけは持ち帰るようにしています。

バッグの中身だけ移し替える事を考えると・・・

バッグインバッグだと、ワンアクションで移し替えることができます。
バッグインバッグをそのまま移すだけ。

これだけで「時短」ですし、「移動のし忘れ」がありません。

 

バッグインバッグ(縦型)は高さが使えるのが良い。

トートバッグ(縦型)を使っていると、入れたものたちは、全て下に貯まっていきます。
特に小物は下に重なってしまいます。

A6サイズのノートやペンケース・・・が中でぐしゃぐしゃになることも・・・

バッグインバッグはトートバッグの中で「高さ」を使えるようになるので、スッキリします。
当然と言えば当然なのですが、使ってみるとその効果は抜群で、物を探す事もなくなりました。

 

今回手にいれたバッグインバッグ([ギャッツビー] バックインバック インナーバック A4 タテ型 カバン)の紹介

今回手に入れたバッグインバッグは「ギャッツビー」というメーカーの商品です。

写真にあるように、ポケットが前に5つあり、ペン差しも付いています。

メインポケットはA4サイズの幅のものが入れられ、1枚「仕切り」も付いています。
チャック付きの小ポケットまであり、便利です。

背部にも1つ大きなポケットがあるので、読みかけの本をスッと忍ばせておくのも良いですね。
隙間時間にサッと出して、サッと直せます。

 

マチ幅が4センチ位なので、あまり分厚いものは収納できませんが、私はポメラくらいしか入れないので、十分です。

全面のカバーや、背部に「取っ手」もついているので、バッグインバッグだけ持ち歩くことも可能です。

縦型のトートバッグを使っている人は、オススメ致します。
バッグの中がスッキリするだけでなく、業務の効率が上がりますよ☆

 

[ギャッツビー] Amazon限定 バックインバック インナーバック A4 タテ型 カバン

 

横型が良ければ「コクヨ」の商品もおすすめです☆

コクヨ バッグインバッグ インナーバッグ Bizrack up A4

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-小物, 日常生活

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.