日常生活

自転車のサビ予防に車用のワックス使用

自転車のサビ予防に買った車用コーティング剤

先日、「自転車を買った」と記事にしましたが、サビ予防にコーティング剤を購入しました。

自転車屋さんにも聞いてみましたが、「サビは防げない」と言われました。
いろんな店の店員さんから言われたので、自転車業界では自転車のサビ予防は難しいと考えられているのでしょう。

しかし、サビは最小限にしておきたい・・・・

サビがはびこると、一気に汚く見えるし、鉄の強度は落ちるし・・・
あまり良いことがないですよね。

 

自転車のサビ予防には車用のワックスがよい?

はじめは「車用のワックス」を探していましたが、どれが良いのか分からず、悩んでいました。
ワックスは基本的に「固形」が多く、「液体」製品はコーティング剤と呼ばれる物でした。

 

サビが予防できれば何でも良いのですが、「サビ予防」でネット検索すると「クレ556」などの製品がヒットします。

クレ556をボディに塗ってしまうと油でギトギトになりそうですもんね・・・(汗)
サビには効くのかもしれませんが、ブレーキがきかなくなりそうで怖いです。

色んな製品を見た結果、良さそうな物は「ガラスコーティング剤」という種類が良さそうでした。
鉄の部分だけでなく、プラスティックの部分にも塗る事ができ、長期間(約1年?)コーティングしてくれます。

ガラスコーティングというだけあって、コーティングの膜が強いようです(勝手なイメージですが・・・)

今回買ったのは「プロスタッフ 洗車用品 ガラス系コーティング剤 CCウォーターロータス」という製品です。
約1000円くらいで販売されていました。

CCウォーターロータス

ガラスコーティング剤は種類がたくさんありましたが、高い物は2500円くらいする物もあります。
何が違うのか全く分からなかったので、1000円くらいの物にしました。

 

使い方はかなり簡単でした。
スプレーで出てくるので、プシュッとかけて、拭き取るだけです。

本当に効くのかな?

 

と半信半疑ですが、気軽に使えるのはありがたいです。
自分の自転車だけでなく、息子の自転車にも吹きかけてコーティングしました。

 

自転車のサビ予防は出てくる前に対処する

自転車のサビは「出てきてから対処」ではもう間に合いません。

手が届きにくい場所が錆びてしまいます。
いろんな「サビを取る」製品が多くありますが、かなり「力」と「時間」を要します。

何でもそうですが、錆びる前に対処しておけば、「楽」に「短時間」で対処できます。
トータルで見た時に、メリットが大きいです。

自転車のサビは出てくる前に予防が大事です。
サビが出始めると大変です・・・

 

色んな店員さんに話を聞く中で、お一人だけ「サビ予防」をやっている人がいました。

「サビ予防スプレー」(このような製品?)を子供の自転車にふりかけていると話していました。
「ブレーキが効きにくくならないですか?」と聞きましたが、「自分の子供のなので」と返され・・・
う~ん・・・ちょっと違う気がするけど・・・
(むしろ、自分の子供のものなら、慎重になりそうなものだが・・・)

 

とりあえず、サビに対しては「何もしない」より、「何かやっておく」ことをおすすめします。

過去のサビの記事はこちらです

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-日常生活

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.