カメラ・ビデオ 電化製品

Canon S200を買いました

Canon S200は持ち歩きにピッタリ

Canon S200というコンパクトデジカメを購入しました。

s200
モデルとしては「最新モデル」ではありませんが、1/1.7という少し大きめのセンサーサイズにF2.0から始まる明るいレンズ、そしてコンパクトなボディ。

おまけにWifiで画像も飛ばせるそうです(まだ使ったことがない)

このサイズのデジカメは改めて使いやすいと感じています。
年々センサーの進歩により高感度になり、暗い場所でも手ブレが少なくなっています。
室内などある程度条件が悪い場所でも綺麗な写真が撮れるようになりました。

最近はスマホで写真を撮る人が多いのですが印刷したり、後から改めて見ると何だか色あせたような写真が多いのに気づきます。
スマホの進歩は素晴らしいものがありますが、センサーサイズやレンズが全然違いますから、コンデジとは差が出て当然です。
「スマホの写真で十分」という方も多いと思いますが、比べてしまうと差は歴然です。

同様に、このCanon S200であっても一眼レフの写真には勝てません。
やはり比べると圧倒的に違いがあります。
綺麗な写真は撮れるのですが、写真のぬくもりの違いを感じるといいますか・・・
やはり一眼レフのカメラは良く出来ています。

特に最近の一眼レフのカメラは高感度のノイズも抑えられて、入門用でも十分に満足できる画を吐き出してくれます。
大きくて重いのは難点ですが、写真の質は圧倒的に良いです。
話がズレてしまいましたが、コンパクトデジカメは「持ち歩く事」が前提です。
写真を撮りたい瞬間というのはいつ訪れるかわかりません。
店の中かもしれないし、自動販売機の前かもしれない。
持ち歩いていればその瞬間に良い写真を撮ることができます。

Canon S200を持ち歩きだして特に意識するようになりました。
立ち上がりの速さ、AF(オートフォーカス)の速さ、暗い場所でのブレの少なさ・・・
扱っていて非常にストレスの少ないデジカメです。

お金に余裕のある人は、もう一つ上のランクのCanon S120というカメラがオススメです。
センサーサイズは同じですが、裏面照射CMOSという高感度に更に強いカメラです。
DIGIC 6という新しい画像処理エンジンも積まれています。
まぁ、その代わり値段も一ランク上ですが・・・(汗)
私にはCanon S200で十分すぎるほどです。

日常の風景を切り取りながら楽しみたいと思います。

 

Canon デジタルカメラ PowerShot S200(ホワイト) F値2.0 広角24mm 光学5倍ズーム PSS200(WH)

 

 

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-カメラ・ビデオ, 電化製品

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.