おでかけ 日常生活

運動会の準備~クーラーボックスとキャリー

運動会用のクーラーボックスと台車を購入しました。

6月の上旬に息子の運動会があります。
小学校で初めての運動会ということで、私の母や義理母も来てくれる予定になっています。

これから6年間、こういうイベントは続くと思われ、急遽クーラーボックスを購入する事にしました。

今まであまりクーラーボックスなんて意識していなかったのですが、いざ買うとなると色々と迷いました。

 

大きめのクーラーボックスは基本的に20L程度のもの、35L程度のもの、45L程度のものがあります。
(店舗ではそれ以上の大きさは見ませんでしたが、まだ大きい物もありそうです)

実際に店に行って見てきましたが、20Lの大きさは不安でした。
20Lに入るのは500mlが10本・・・くらいだったと思います。

45Lタイプは重そう・・・
(普通に考えて、中身を入れた時、恐らく1人で持つのは無理)

人が運べるのはせいぜい30kg程度です。

 

運動会で普通に使えるのは35Lのクーラーボックスが良い

色々と迷った結果、35Lのサイズのクーラーボックスを買うことにしました。

IMG_0315

IMG_0316

35Lサイズで、2Lのペットボトルが10本入るみたいです。
1人で持ち運ぶのはギリギリになりそうですが、短時間なら運べそう。

同時にキャリー(台車)も買いました。
(色々重い物運ぶかな・・・と思いまして・・・)

この台車は重さが3kg程度の軽量台車で、女性でも軽々と運ぶ事ができます。

アウトドア用にL字形の台車がありますが、あの台車よりも耐荷重が大きく、
80kgまで載せることができる台車です。

IMG_0317

クーラーボックスを台車に乗せるとこんな感じです。

IMG_0323

普段使わないものだけに、かなり迷って買いましたが、使うのが楽しみです。
運動会に冷えた飲み物を持っていくだけでワクワクします(笑)

こういうのを買うとバーベキューに行きたくなりますね・・・
(妄想は広がる)

 

(2020年5月:追記します)

運動会で実際に使いましたが、日常生活でも役に立っています。

周囲を見渡しても「35L」の大きさを持っている人がまぁまぁいて、よくも悪くも「普通」に感じました。

私が買ったキャリーは「タイヤが小さい」ので、運動会の砂の上で不安定(あまり進まない)ので、おすすめしません。
タイヤの大きめの台車のほうが良いと思います。

今回学んだことは、「外で使用するなら、タイヤの大きい台車じゃないと辛い」ということです。

 

 

 

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-おでかけ, 日常生活

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.