ボールペン 文具

SAILOR INDY GO GO BALLPEN

SAILOR INDY GO GO BALLPEN(セーラーボールペン)が意外に良い

先日、勉強会に行った時にSAILOR INDY GO GO BALLPENを頂きました。

SAILOR INDY GO GO BALLPEN

医療系の業者主催の勉強会はほとんど「ペン」と「メモ(ルーズリーフ)」が付いてきます。

その時々でペンの種類やルーズリーフの種類は違いますが、手ぶらで行ってもあまり困ることはありません。

文具好きの私としては、毎回ここが楽しみだったりするのですが(笑)
今回頂いたペンは「SAILOR INDY GO GO BALLPEN」でした。

私にとって初めてのボールペンで、「安っぽいのに嫌いじゃない」という絶妙な商品で、
家に帰って早速調べてみました。

要はSAILOR(セーラー)が作った業務用の廉価版ボールペンです。
替芯は販売されておらず、基本的には使い捨てになります。
10本単位で販売されており、しかも10本250円程度の価格です。

世間的にはいわゆる「安物」という部類に入るのでしょうが、
この「安物」が侮れません。

さすがにジェルインクではありませんが、書き出しからインクのかすれがありません。
線の細さは0.5mmくらいでしょうか・・・太くも細くもなく、万人受けする太さだと感じました。

そして、個人的に気に入ったのは「ボディの軽さ」です。
プラスティックなのですが、硬さを感じず、非常に軽いので長時間書いていても疲れにくいのです。

計算されているかどうかはわかりませんが、気兼ねなく愛用できる商品だと思いました。
ネットのレビューも素晴らしく、「気に入って使っている」という方もたくさんいました。

人にプレゼントするには安すぎて気が引けますが、ちょっとしたイベントで配ったり、
勉強会で配布したり、普段すぐにペンをなくしてしまうような人には良いかもしれません。

ランニングコストが安く、絶対に「モトが取れる」という商品ですね(笑)

勉強会以来、持ち歩いて使っているのですが、使うたびに愛着が湧いてきて・・・(笑)
本当に良い商品だと思います。

さすが老舗ブランドSAILORだなぁーと感心しています。

 

 

 

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-ボールペン, 文具

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.