子供関連 子育て・子供教育

息子の漢字学習

小学2年の息子が漢字を覚えるのが苦手で、苦戦しています。
一度「覚えた」と思った漢字も、時間が経つと忘れてしまっている事があります。

しかも、なぜか同じところで間違えているんですね・・・

自分も経験がありますが、スッと覚えられる物と、なかなか頭に入ってこない物があります。

 

エビングハウスの忘却曲線では20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%、1週間後77%、1ケ月後79%を忘れてしまうと言われています。

「なぜ覚えられないのか!?」と若い頃は思っていましたが、「忘れるのは当たり前」だということです。

 

これを知ると、対策が見えてきます。
繰り返しやるしかない・・・という事です。

 

ということで、忘れやすい漢字をトイレに貼ってみました。

子供の漢字の勉強法

子供の漢字の勉強法

子供の漢字の勉強法

下は折り曲げて付箋紙を貼っています。

問題を読んで、わからなかったら答えを確認する。

息子に「読みなさい」と言わずとも、「トイレに貼っておいたよ」と言うだけで、勝手に見ます。

 

息子の行動を見て思うのですが、
人間って、字があれば読んでしまいます。

答えがわからなければ勝手に知ろうとします。

 

なので、「勉強しなさい」ではなく、親が仕組みづくりをすれば勝手に勉強しだすということです。

 

[voice icon="http://tetyoulife.com/wp-content/uploads/2017/11/photo3-1.png" name="Kei" type="r line"]

この仕組みづくりが難しい・・・(汗)[/voice]

 

1週間ではがすようにしています。
(長く貼ると慣れてしまって、今度は読まなくなる)

少しは漢字を覚えてくれれば良いのですが・・・

 

  • この記事を書いた人
Kei

Kei

手帳や文具が好きなアラフォー男性 フランクリン・プランナーを10年以上使った後、「リスティ1」「ジブン手帳」を経て、2020年度は高橋手帳を愛用中。 「手帳は人生を変える力がある」と信じている☆

-子供関連, 子育て・子供教育

Copyright© 手帳と私の生活ブログ , 2020 All Rights Reserved.