ペンケースを書いなおしました~コクヨシェルブロ

今使っているペンケースはKOKUYOのWITH+(ウィズプラス)という物です。
あまり容量は大きくありませんが、薄くてカバンの端に入れられるので重宝していました。

しかし、最近ペンが増えてきて、閉まらなくなってきました。
(閉めるときがストレス)

写真ではわかりにくいのですが、プックリとしています。

そして、ウィズプラスは長さが少し短いので、削りたての鉛筆が入りません。

斜めにして、無理矢理 閉めている状態です。

使用でストレスを感じて来ましたので、少し大きめのペンケースを購入することにしました。

 

一番に頭に浮かんだのは『ネオクリッツ』です。
あの、立てられるペンケース・・・世間をかなり賑わせました(←本当??)

http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/neo-critz/

 

しかし、色々と調べているうちに『シェルブロ』というペンケースを見つけました。

http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/shellbro/

↑コクヨのサイトです

35本ものペンが入ると謳っている商品です。

今は10本くらい持ち歩いていますが、今後また増えるかもしれない・・・と考えて、こちらのシェルブロに決めました。

シェルブロは名前の通り、貝殻のような形をしています。
ガバッと開くので、開いた時に中身が見やすいという特徴があります。

新しい色鉛筆も真っ直ぐに入れることが出来ましたので、安心しています。

今年最後の買い物は「ペンケース」になりました。
日々のストレスが減ったので、嬉しく思います。

今まで使っていたウィズプラスは息子が欲しいと言ったのであげました。

 

それでは皆様、今年も一年お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします。


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

手帳や文具が好き。 『フランクリン・プランナー』を10年近く愛用していましたが、持ち歩きが辛くなり、2019年からNOLTYのリスティへ変更。 最近手書きの良さを改めて実感している。